【今更聞けない美容知識】正しい日焼け止めの選び方と使い方♡

紫外線が気になってくるこの時期。ドラッグストアでも店頭にたくさんの日焼け止めが並び始めてきましたね。いろいろ種類がありますが、みなさんは日焼け止めを選ぶとき、何を重視して選んでいますか?

ヒマワリの花を持つ女性

photo by http://weheartit.com/

成分、塗りごこち、値段…いろいろ基準はあるかと思いますが、大抵の方はSPFやPAを参考にしていることと思います。よく分からないけどSPF値が高いしこれにしよう、なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかしそのSPFやPA、数値が高ければいいというわけでもないのです。

シミに悩む女性

photo by http://www.binchoutan.com/

「SPF」は時間を表す数値

SPFはSun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、紫外線防御指数とも言います。紫外線を浴びた際には皮膚が赤くなりますよね。そうなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものが、この指数です。

SPFと時間の関係

photo by http://bihada-kakumei.com/

SPFの数値単位は、時間で20~25分が1単位。つまりSPF1は、何もしない状態より日焼けをするのを20~25分遅らせるという意味です。ですから、SPF10だと20×10で200分(3~4時間)、SPF20だと20×20で400分(6~7時間)…という計算になります。

日焼けをした女性

photo by http://bijoshi.jp/

さらに重要なのは、この時間の目安は日焼け止め化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値だということです。逆に言えば、それだけ塗らないとSPF値の効果がないということになります。1平方センチメートルに2mgはかなりの量ですから、塗ると大体の日焼け止めクリームが白くなります。ですが、それが気になって薄めに塗ると効果は半減しまうので、悩ましいところですよね。

「PA」はUVAをブロックする強さ

PAとはProtection grade of UV-A(プロテクショングレードオブユーブイエー)の略で、UVA防御指数とも言われます。紫外線A波のブロック効果を表すもので、効果の高いものからPA++++、+++、++、+の4段階で表記されます。紫外線A派は波長が長く、ガラス越し、曇りの日、冬でも降り注いで、私たちの肌の奥まで到達します。肌が黒くなるのはこの紫外線Aの仕業で、肌の奥のコラーゲン層を破壊するため、シワやたるみなど高老化の原因ともなります。

PAの効果一覧表

photo by http://www.shiseidogroup.jp/

そしてPAも、SPFと同じように1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値となりますので、薄く塗ってしまっては期待通りの効果は得られません。

紫外線ブロックイメージ

photo by http://www.bihakuqueen.com/

用途に合ったものを選ぶことが大切

SPFやPAが高いものは、肌への刺激も強くなります。ですので、そのときに何をするのか、シーンに合わせて使うことが重要です。例えば、海水浴など紫外線を多く浴びるときにはSPF・PAともに高いものを、日常生活では低いものをと言った具合です。

UV対策

photo by http://www.shiseidogroup.jp/

炎天下や晴天の日に長時間、
屋外でスポーツやレジャーを楽しみたいとき

  • PA++++/SPF50

スポーツや散歩のために屋外で1~2時間過ごすとき

  • PA+++/SPF20~30

ゴミ捨てやちょっとした買い物、洗濯物を干すとき

  • PA++/SPF20
日焼け止めの選び方

photo by http://shop.maihada.jp/

サングラスを持つ女性

photo by http://weheartit.com/

日焼け止めをより効果的に使うためには

肌への負担を抑えつつしっかり日焼け止めするには、無理してSPFやPA値の高いものを使うより、こまめに塗り直した方が効果を保ちやすくなります。 また、山登りや海水浴などのレジャー系に行く場合や、塗り直しが出来ない場合は、数値が低い日焼け止めを塗ったあとに、紫外線カット用のパウダーを塗るのも効果的です。パウダーは基本的に個体で肌に浸透しないので、肌への負担が少ないのが安心ですね。

UVパウダー

photo by http://www.bellemaison.jp/

いかがでしたか? SPFとPA値の意味を知った今、これまでの自分の日焼け止め対策がどれだけ効果の薄いものだったのか…とがっくりする方もいるかもしれません。そんな方もこれからは、用途に合わせて正しい日焼け止めを選び、しっかり対策していきましょう。

サングラスを持つ女性

photo by http://weheartit.com/

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • 美肌の秋を迎えるために♡今しておきたい3ステップ

      気を付けていたはずの紫外線対策。レジャーに夢中で気づいたら真っ黒なんてことになっていませんか?諦めるのはまだ早い!!放っておくと大変なことになってしまいます。しっかり日焼け後のアフターケアをしておきましょう♪日焼けって・・・?photo by http://weheartit.comどんなに日焼け止めを塗っていても、直接日に当たれば日焼けはし

      2015.08.20 by 飯岡円香

    • 目の日焼けは老け顔の原因!?目のUVケアでキラキラ瞳をキープしよう☆

      夏の強烈な日差し…みなさん、日焼け対策には余念がないことと思います。でもちょっと待ってください。一か所、忘れていませんか?人間の身体の中で、実は目も日焼けをする部分。目が日焼けすると充血して真っ赤な目になり、ひどくなると痛みや痒みが生じてしまうこともあります。人と会話をするとき、なんとなく相手の目元を見て話しますよ

      2016.08.24 by コスメニストライター

    • さわやかな初夏こそ見直すべき♪肌ケアの基本テクニック

      4月からの環境ストレスや、晴れている日の交換神経が優位に立つことからメラニン生成が盛んになり、肌にも負担を強いることになります。よって肌トラブルを感じることが多くなりますが、過ごしやすいこの時期に基本に返った肌ケアをすることで、今後を左右する肌にもつながります。 気温差やストレスで肌荒れするの? photo by http://wehe

      2015.06.25 by みい

    • 2018年3月発売の化粧品・コスメ新商品カレンダー

      3月に発売される化粧品・コスメ・美容グッズをまとめてご紹介!目次3月1日(木)3月2日(金)3月5日(月)3月6日(火)3月7日(水)3月8日(木)3月9日(金)3月10日(土)3月12日(月)3月13日(火)3月14日(水)3月15日(木)3月16日(金)3月19日(月)3月20日(火)3月21日(水)3月22日(木)3月23日(金)3月24日(土)3月26日(月

      2018.03.20 by コスメニスト編集部

    • 美肌対策は内側からが新常識♡「飲む日焼け止め」に注目!

      真夏の暑さも落ち着き秋めいてきたこの頃。「もういっかな~」とUV対策をしないまま、外へ出かけていませんか?秋冬になるからといって、紫外線対策を怠ると、お肌はどんどん老けていってしまいますよ!最近は何と「飲む日焼け止め」も登場。最初は欧米を中心にサプリとして摂取されていましたが、近頃は日本でもちらほらとみかけるように

      2015.09.12 by Erica

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    • コスメニストライター

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >