白湯ほど手軽なものはない!〇〇をちょい足しして美人度UP♡

朝起きたての白湯が身体にいいと分かっていても、実際飲むと、なかなか飲みにくかったり…。白湯が好きという人もいれば、独特な味わいがあって苦手という人もいます。 ただ白湯が健康的なのは間違いなく、できれば継続して飲みたいところ…。 そんなときは、ちょっとだけ足して、飲みやすいようにアレンジしちゃいましょう! そこで今回は、白湯のアレンジレシピをご紹介してまいります。

photo by http://macaro-ni.jp/

白湯って?

アレンジレシピをご紹介する前に「白湯」そのものについて触れておきましょう。 白湯とは、ごくごく普通のお湯。無味無臭で、余計なものが入っていない分、健康を意識する人にとっては欠かせない飲みものです。お湯をやかんなどで沸騰させ、飲める温度まで下がるのを待ち、ゆっくりと飲みます。 元々は、お薬を飲むときに飲むものという認識でしたが、最近は白湯ブームに突入しており、白湯の美容・健康効果が注目されているのです。

photo by http://waterservergirl.seesaa.net/

白湯のつくり方は簡単で、誰でもできますよ♪ 本格的な白湯をつくりたい場合は、まずやかんに水を入れ、沸騰させます。やかんのフタは取っておいて、蒸気が上へと流れるようにしておきます。あとはグツグツしてくるまで待って、沸騰したら一度冷まします。あとは、ゆっくりと飲んでいくだけ。

photo by http://www.leadluce.com/

忙しい人は、電子レンジでお水を温めるだけでも「白湯」はつくることができます。この2つが白湯の定番なつくり方になります。

白湯の効果とは?

内臓の疲労回復をサポート

食べすぎ・飲みすぎてしまった日の翌日は、お腹が空くまであえて何も食べずに胃腸を休ませましょう。ただ、ずっと何も食べない・飲まないわけにはいかないので、白湯をちょこちょこと飲んでおくと、内臓を温めてくれます。 ストレスが溜まり、食欲がないときも白湯を飲んで、心を落ち着かせましょう。

photo by http://weheartit.com/

夏の冷え対策になる

夏場はどうしても暑さが厳しくなり、1日で何回も冷たいものを飲んだり、長時間、クーラーの下にいたりと身体は冷えています。女性にとって冷えは大敵ですから、身体の内側から温めたくなったら、白湯を飲んでみてください。

photo by http://weheartit.com/

白湯のアレンジレシピ

レモンとお塩を入れる

白湯だけでは飲みにくいという場合は、レモンとお塩を入れましょう。いわゆるレモン水の温かいバージョンの出来上がり。レモンをわざわざ用意するのが面倒くさければレモン果汁を入れるだけでもOK。ビタミンCを摂取できるし、夏バテ対策にも効果的!

photo by http://style-knowledge.com/

はちみつを足す

白湯は無味無臭なので、飲みにくさを感じるならはちみつを足してみて。甘さが加わることによって、飲みやすくなります。また、はちみつは、整腸作用があるといわれていますから、朝飲めば、午前中のうちにお腹がスッキリ。便秘で悩んでいる方にもおすすめのアレンジレシピです。

photo by http://macaro-ni.jp/

いかがでしたか? 白湯のアレンジレシピは、まだまだたくさんあります。 毎日続けて飲めるように、自己流にアレンジしてみましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミ

    Ericaが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >