結局どれがいいの?日傘の正しい選び方

夏は紫外線が強くなる季節。女性にとって紫外線はお肌の敵ですよね!UV対策として「日傘」を持ち歩く方も多いのでは。 ところでその日傘、きちんと機能性を重視して買いましたか?「何となく可愛いから」で日傘を選んでしまうと、紫外線を完璧にはカットできていないかもしれません。そこで今回は『結局どれがいいの?日傘の正しい選び方』をご紹介いたします。

日傘ってどれくらい使えるの?

日傘

photo by http://www.cocilaelle.com

最近の日傘には「UVカット」が施されていますよね。しかし「UVカット」といっても二種類の日傘が存在するのです。 「UVカット加工」と呼ばれるものには、出来上がった商品に紫外線吸収剤を吹き付けている、あるいは生地に織り交ざった状態をさしています。
一方「UVカット素材」はセラミックやカーボンなどの素材を繊維に混ぜているものをいいます。UVカット素材は、仮に洗濯しても機能が低下することはあまりありませんが、UVカット加工の日傘は大体、使用期限が2~3年といわれています。気になる方は、一度、自分の日傘がUVカットがどう施されているかチェックしてみるといいですよ♪

白と黒、どっちを選ぶべき?

女性と傘

photo by http://wear.jp

日傘には色々な種類がありますが、一番無難なのは「白」か「黒」ですよね。どちらの方がUVカット効果があるのか、それぞれ意見があるようですが、どちらも紫外線対策としては効果のある色に変わりありません。白は紫外線をはねのけるという意味で「予防」になりますが「黒」は紫外線を吸収するので、どちらかといえば黒の方が紫外線防止率は高いといっていいでしょう。
ただし、日傘の内側が白の場合は気をつけた方がいいかも!いくら外側で紫外線を跳ね返していても、内側まで白の場合、アスファルトに反射した光を日傘の中で浴びることになります。つまり、紫外線対策としては不十分ということ。日傘を選ぶときは外側だけでなく内側の色も確認して、より効果のあるものを選んでいきましょう♪

いかがでしたか?
「UV」と表示されている日傘が全て一緒とは限りません。デザインが可愛いからという理由で購入するのではなく、きちんと細かい表示までみて、機能性を確認しておきましょう。夏の紫外線対策に力をいれておけば、秋冬になっても透明感あるお肌を保てられますよ♪

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミ

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >