美肌女子はもう始めてる♪ハーブティーで紫外線対策

今年の最高気温も更新し、どんどん日差しが強くなってきましたね。みなさんは、どのような紫外線対策をされていますか?日焼け止め、日傘など、たくさん対策されている方もいらっしゃいますね。 最近ではサプリメントで対策されている人も増えてきましたが、なんとその成分が手軽にとれるんです!

なぜ紫外線対策が必要なの?

a34-1

photo by http://weheartit.com/

なぜ紫外線対策が必要なのか?日差しが強くなると、みなさんさまざまな方法で紫外線対策をされます。それは何故なのか?紫外線の何が良くないのか? そもそも紫外線には3種類あります。そのそれぞれが人間のお肌に影響を及ぼします。まず紫外線A波、これは強い力を持ちませんが、室内にいてもお肌に届いてしまいます。お肌の奥の真皮にまで届いては、じわじわ~と時間を掛けて真皮のコラーゲンを破壊していき、みなさんのお肌にシワやたるみを発生させます。 紫外線B波は、お肌を炎症させて日焼けを引き起こすものです。メラニンを増加させシミやソバカスの原因となると言われています。 そして、紫外線C波。これは近年、オゾン層の破壊により山頂などで観測され、紫外線の中で一番有害だと言われています。 要するに、紫外線はお肌を酸化させる働きがあるのです。酸化とは所謂、老化です。お肌の老化の約80%は紫外線の影響だと言われています。ですから、美しいお肌を保つ為にも、紫外線対策はとても大切なんですね。

紫外線対策になる成分

a34-2

photo by http://weheartit.com/

では、紫外線対策のために、お肌に良い成分をご紹介します。
◆ビタミンA、B…粘膜や皮膚を健やかにする成分です。
◆ビタミンC…免疫向上効果とコラーゲンの生成を助ける働きがあり、シミの予防効果があります。
◆ビタミンK…細胞膜の酸化を防ぐ効果があります。
◆アントシアニン…抗酸化作用があり、特に活性酸素による眼のダメージに効果があります。
◆タンニン…抗酸化作用やシミの予防効果があり、お肌の収れんにも効果があります。
こんなにたくさんの成分をどうやって摂取したら良いのか? 実は、この成分を手軽に手に入れる方法がハーブなんです!

ハーブの何が良いの?

a34-3

photo by cosmenist

ハーブは、海外では薬の様に扱う国があるほど、健康に取り入れられているんです。ハーブの良いところは、お薬と違って副作用がなく、飲み合わせを気にする事がないところ。ですから、ハーブティーを飲んだり、お料理に使用したりして、気軽に始める事が出来ます。 さきほどお伝えした成分も、ハーブに含まれているんです。

ローズヒップ

ご存じ、赤いハーブティーです。別名ビタミンの爆弾と呼ばれていて、主な成分は、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなど、お肌に良い成分がたくさん入っています。ホルモンバランスを整えるとも言われているので、女性にはオススメのハーブです。

ハイビスカス

主な成分は、クエン酸、リンゴ酸、カリウム、鉄、アントシアニン、ペクチンなど。クエン酸、リンゴ酸は新陳代謝を高め、肉体疲労に効果があります。ペクチンは水溶性食物繊維でお通じにも効果があります。またローズヒップと一緒に接種すると相乗効果が起きて、ビタミンや鉄を効率的に接種出来ます。

マロウブルー

主な成分は、アントシアニン、タンニン。アントシアニンもタンニンも、ポリフェノールの一種で抗酸化作用が高いと言われています。

ハーブティーのレシピをご紹介!

a34-4

photo by cosmenist

材料:ローズヒップ、ハイビスカス、マロウブルー
3種類のハーブティーを大さじ1杯ずつ取ります。ティーポットに入れ、お湯を300mlくらい注いで下さい。ティーポットをお持ちではない方は、ハーブを市販のティーパックに入れてから、お湯を注いで下さい。ハイビスカスから赤い色が、マロウブルーはその名の通り青い色が出るので、作っている最中に目でも楽しめるハーブティーです。

いかがでしたか? 手軽に毎日の飲み物で紫外線対策。ハーブはたくさんの効能を持っているので、紫外線対策をしながら、他にも素敵な効果も感じられると思います。継続は力なり。ぜひ毎日実践してみて下さいね。

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • シミやしわを作らない!夏の日焼け肌のアフターケア3ステップ

      海に山に野外フェスにと戸外で楽しく過ごして日焼けした肌のアフターケアをしっかり行っていますか?若いから大丈夫だと肌をほったらかしにしておくと、じわじわとシミやしわが増えて取り返しのつかないことに。紫外線を浴びたダメージ肌を健やかに回復する方法をここではご紹介します。 1.日焼け肌はまず冷やす!photo by http://beauty-m

      2015.08.29 by エスプレッソ

    • 憧れの日焼けBODYになりた~い♡キレイに日焼けをするのに大切なコト

      みなさんはうっかり日焼けをしてしまった後のケア、どうしていますか?まずはぬるめか冷たいシャワーを浴びて、クールダウンさせて。その後アフターローションやジェルを塗って保湿・・・という方が多いのではないでしょうか。でも、日焼け後の肌というのは思っている以上に乾燥しているもの。真冬並みの保湿ケアをしっかり行ってこそ、キ

      2015.07.07 by Anya

    • シミやしわを作らない!夏の日焼け肌のアフターケア3ステップ

      海に山に野外フェスにと戸外で楽しく過ごして日焼けした肌のアフターケアをしっかり行っていますか?若いから大丈夫だと肌をほったらかしにしておくと、じわじわとシミやしわが増えて取り返しのつかないことに。紫外線を浴びたダメージ肌を健やかに回復する方法をここではご紹介します。photo by http://weheartit.com1.日焼け肌はまず冷や

      2015.08.20 by エスプレッソ

    • これからが肝心!うっかり見落としがちな「冬の紫外線対策」

      真夏は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりと、紫外線対策に力を入れている人がほとんどでしょう。しかし、暑さも落ち着いて、肌寒くなる秋冬になるとどうでしょうか?夏に比べて日差しもそこまでじゃないし…と、紫外線対策をサボっている人も多いのでは?しかし、冬になったからといってお日様そのものが消えるわけではありませ

      2015.11.03 by Erica

    • 美白をめざすならココもケアすべき♡意外と知らない紫外線の落とし穴

      みなさん紫外線対策はしっかりできていますか?肌のUVケアをしっかりしている人でも、目の紫外線対策は怠りがちです。目の保護をしないと、肌が黒くなったり、シミが増したり、様々なお肌のトラブルに悩まされることになるかもしれません。目から入る紫外線の悪影響photo by http://weheartit.com目から紫外線が進入すると、肌の内部のメ

      2015.06.30 by みい

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

      マリカさんの書いた美容ニュース

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >