結局どれがいいの?日傘の正しい選び方

夏は紫外線が強くなる季節。女性にとって紫外線はお肌の敵ですよね!UV対策として「日傘」を持ち歩く方も多いのでは。 ところでその日傘、きちんと機能性を重視して買いましたか?「何となく可愛いから」で日傘を選んでしまうと、紫外線を完璧にはカットできていないかもしれません。そこで今回は『結局どれがいいの?日傘の正しい選び方』をご紹介いたします。

日傘ってどれくらい使えるの?

日傘

photo by http://www.cocilaelle.com

最近の日傘には「UVカット」が施されていますよね。しかし「UVカット」といっても二種類の日傘が存在するのです。 「UVカット加工」と呼ばれるものには、出来上がった商品に紫外線吸収剤を吹き付けている、あるいは生地に織り交ざった状態をさしています。
一方「UVカット素材」はセラミックやカーボンなどの素材を繊維に混ぜているものをいいます。UVカット素材は、仮に洗濯しても機能が低下することはあまりありませんが、UVカット加工の日傘は大体、使用期限が2~3年といわれています。気になる方は、一度、自分の日傘がUVカットがどう施されているかチェックしてみるといいですよ♪

白と黒、どっちを選ぶべき?

女性と傘

photo by http://wear.jp

日傘には色々な種類がありますが、一番無難なのは「白」か「黒」ですよね。どちらの方がUVカット効果があるのか、それぞれ意見があるようですが、どちらも紫外線対策としては効果のある色に変わりありません。白は紫外線をはねのけるという意味で「予防」になりますが「黒」は紫外線を吸収するので、どちらかといえば黒の方が紫外線防止率は高いといっていいでしょう。
ただし、日傘の内側が白の場合は気をつけた方がいいかも!いくら外側で紫外線を跳ね返していても、内側まで白の場合、アスファルトに反射した光を日傘の中で浴びることになります。つまり、紫外線対策としては不十分ということ。日傘を選ぶときは外側だけでなく内側の色も確認して、より効果のあるものを選んでいきましょう♪

いかがでしたか?
「UV」と表示されている日傘が全て一緒とは限りません。デザインが可愛いからという理由で購入するのではなく、きちんと細かい表示までみて、機能性を確認しておきましょう。夏の紫外線対策に力をいれておけば、秋冬になっても透明感あるお肌を保てられますよ♪

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • いよいよ夏本番!日焼け止めを塗るときに注意すべきこと3つ

      半袖やノースリーブで歩く人もだいぶ増えてきましたね。夏に向けて暑さも厳しくなってきていて、すっかり紫外線が気になる季節に。日焼け対策は、もうバッチリですか?完璧だと思っているその日焼け対策が実は不十分だったりするんですよ。そこで今回は『いよいよ夏本番!日焼け止め対策の基礎知識』をご紹介いたします。 2~3時間おきに重

      2015.07.18 by Erica

    • 今のままでホントに大丈夫?日焼け止めの正しい選び方を伝授します♪

      暖かくなると同時に今まで以上に気になってくるのが紫外線への対策方法。さまざまな方法がありまずが、まず多くの人が用意するのが“日焼け止め”ではないでしょうか?photo by http://weheartit.com「SPF」や「PA」、「+++」などの表記が気になりながらも案外そこまで気に留めずに選んでいるという方は、知らないうちに肌に負担をかけている

      2016.04.24 by れい

    • 室内でもNO紫外線!うっかり日焼けを防いで白肌をキープしよう♪

      春も終わりが近づいてくる頃から、毎年気になりだす紫外線。日差しが強くなるのを感じると、外出する時は日焼け止めをつけ始める方も多いのではないでしょうか。もう洗濯干すだけでも日焼け止めは絶対つけなきゃ恐ろしいねなにこの紫外線のやばさ。日傘さしたい。爆笑— まなみん (@manakibom) 2016年6月2日日焼けしたくないのに日焼

      2016.06.12 by CAMERIA

    • 油断大敵!? 大人女子が意外と知らない「冬のUVケア事情」

      夏に比べると、冬の紫外線はそこまでキツくありません。しかし、だからといって化粧もしないまま出掛けるのは、お肌にとってはかなりリスクのあること。いくら日差しが和らいだとはいえ、紫外線対策を怠っていると、数年後にはシミ・しわがあらわれるかもしれませんよ。いつまでもハリつやあるお肌でいるためにも、冬のUVケアにも力を入れ

      2015.12.07 by Erica

    • 紫外線ダメージと乾燥対策!秋のスキンケアが美肌の決めて♡

      暑さが和らいでほっとひと息つく秋。肌には夏の間に浴びた紫外線のダメージが残っています。また、皮脂の分泌の多い夏の肌から一変、乾燥した秋の空気にさらされて肌も乾燥した状態に。そんな肌を健やかに保つためのスキンケアについてまとめてみました。紫外線のダメージを受けた角質をケア!photo by http://weheartit.com夏の間に強い日

      2015.09.03 by エスプレッソ

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >