湿度50%以下は危険信号!アロマ加湿器でツヤ肌美人になろう♪

冬、メイクをするときの一番の敵はやっぱり乾燥ですよね。メイクをしてもヒビが割れたり、肌がカサカサして粉っぽくなったり…。実は、そんなお悩みを一気に解決してくれるのが加湿器なのです。 今回は加湿器、しかも西洋では古くから美肌作りに使用されていたアロマを取り入れた、アロマ加湿器について、その効果と使い方をご紹介します。

アロマ加湿器とアロマディフューザーの違い

香水をかぐ女性

photo by http://weheartit.com

ところで、電気屋さんに行くと様々なタイプのアロマ加湿器が売っていますが、気になるのは同じような売り方をしているアロマディフューザーというもの。同じコーナーに置いてあることが多いので混同している方もいらっしゃるかと思いますが、実はこの2つ、用途が違うのです。

アロマ加湿器はその名の通り、加湿器ですので部屋を加湿するためのもの。アロマ効果はあくまでサブのものです。

対してアロマディフューザーは、アロマテラピーを楽しむためのもの。加湿機能の付いたものもありますが、本来の目的は加湿ではないので、加湿器ほどの加湿効果は期待できません。 つまり、今回の目的、「冬の乾燥対策」をメインで考えるならばアロマ加湿器の方が向いていると言えますね。

肌がキレイになる加湿器の使い方

バラ柄のベッド

photo by http://weheartit.com

加湿器は便利なものですが、使い方を間違えてしまえばカビの原因となったり、かえって吹き出物や乾燥を招いたりします。美肌の為にも、正しい使い方をすることが大切です。

湿度を50~60%に保つ

肌は湿度60%以下で乾燥し始めるので、少なくとも50%以上は必要です。逆に湿度が高すぎるとカビの活動が活発になり、不快を感じる「暑苦しい」状態になります。

置き場所に注意する

やりがちなのが、壁際の床にポンと直置きすること。これはあまり良くありません。蒸気が壁に当たると、壁にカビが発生しやすくなりますし、直置きでは足元ばかりに湿気がたまり、顔や髪に潤いが届きません。ですからポイントとしては、壁から離すこと、少し高いところに置くことを意識しましょう。また、ドアや換気扇の近くでは、加湿器の蒸気が安定せずに加湿効果が半減してしまいます。悩んだときは部屋の真ん中を意識して、食卓やサイドテーブルの上に置くようにしましょう。

肌の悩みで選ぶオススメアロマ

プラダのバッグ

photo by http://weheartit.com

最後に、肌のお悩み別にオススメのアロマをご紹介します。 アロマは香りをかぐことで鼻から脳に直接香りの成分が働きかけて、美肌に欠かすことのできない女性ホルモンの活性化や肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

ハリつやに効くアロマ

ローズオットー、カモミール・ジャーマン、ネロリ
女性ホルモンを活性化することにより肌の水分量を身体の中から増やし、ハリとつやのある女性らしい肌へ導きます

くすみを改善するアロマ

フランキンセス、ラベンダー、ゼラニウム
肌のターンオーバーを促進してメラニンの生成を抑え、日焼けによりシミやくすみを改善します。

吹き出物を撃退するアロマ

ティーツリー、サンダルウッド、サイプレス
殺菌・消毒効果で空気をクリーンに保つとともに、免疫力をアップする効果で吹き出物やアトピーを撃退します。

いかがでしたか?
最近はデザイン的にもオシャレで安価なものも出ているので、家族や友人のプレゼントにしても喜ばれそうですね。上手にアロマ加湿器を使って、乾燥知らずツヤ肌美人を目指しましょう!

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • モテ度アップ!!指先美人を作る正しいハンドケア

      乾燥や手荒れの気になる季節…ハンドケアは欠かせませんね。せっかくハンドクリームを使ってケアをするなら、正しい使い方で効果を最大限に引き出したいもの。今回は、今すぐ出来るハンドケアのキホンと、正しいハンドクリームの塗り方や効果的なケア方法をご紹介します。 大前提!ハンドケアのキホンphoto by http://weheartit.com/清潔な

      2015.06.30 by コスメニスト編集部

    • ロリアは香りも質も最強!おしゃかわハンドクリームおすすめ3選♪

      これから冬にかけて乾燥が気になる季節。手もお肌も髪も…全てがカサカサになって憂鬱になりやすい時期でもあります。毎年、冬に欠かせない女子の定番アイテムといえば、そう!「ハンドクリーム」ですよね♪photo by http://weheartit.comハンドクリームといっても、香りやパッケージはさまざま。せっかく買うなら、お気に入りの一本を選びた

      2015.11.06 by Erica

    • スイス発♡7日間ダイエット「ニーラレモンデトックス」ってなに?

      薄着の季節になるとボディラインを見て「痩せなくては!」と焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は私も試した、ダイエットを兼ねたデトックス断食のご紹介をします。1食置き換えから7日断食まで4種の飲み方が出来る「ニーラレモンデトックス」。30年以上、世界40ヶ国で愛され続けているスイス発のデトックス方法です。スイス発

      2015.07.20 by 藍沢美香

    • 今までの食べ方はもうヤメ!トマトのリコピンで美肌になるたった一つの方法

      梅雨も明け、日焼け止めも日傘もサングラスもOK!野菜や果物だって摂ってるし美白対策も万全だわ!という美容大好きな女子に知っておいてほしいトマトリコピンの失敗しない食べ方をご紹介しましょう。 トマト以外にも入っている赤の正体、リコピンを探せ。photo by http://weheartit.comみなさん、リコピンと言えば?そう、トマトです。ただ

      2015.08.07 by 豊田愛魅

    • むくみ知らずの美脚になるには?♡とっておきのインナービューティー3選♡

      すらっとした足の方や、パンツスタイルをさらっとかっこ良く着こなしている方を見るたびに憧れますね。本日は、自分に合ったパンツを探すのが大変で、むくんだ足に合わせてパンツを選ぶと、ウエストがブカブカになる!という悩みを持っていた筆者が取り入れている「美脚になれる方法」をご紹介します。photo by http://weheartit.com/直す

      2016.07.13 by 浩子

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    • コスメニストライター

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >