今話題!美肌&アンチエイジングのカギを握る「腸内フローラ」について徹底解剖

最近テレビ番組や雑誌の健康特集でよくとりあげられている腸内フローラ。腸内に細菌がお花畑のように棲み分けをしている様子を表していることばです。美肌とアンチエイジングのカギを握る腸内フローラ。その実態をぜひ知っておきましょう。

腸内フローラとは?

a309-1

photo by http://weheartit.com/

フローラは「お花畑」のこと。腸内フローラは、腸内の細菌が種類別にお花畑のように存在している状態をさします。別名を「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」。「叢」は「くさむら」という意味です。人間の顔や性格がひとりひとり違っているように、腸内フローラの状態は個人個人で違っています。また、お花畑の様子が四季のうつろいや天候に左右されるように、年齢やストレス、食生活や生活習慣によって腸内フローラは変化しているのです。

腸内にはどんな細菌があるの?

a309-2

photo by http://www.darm.co.jp/health/

腸内の細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類です。善玉菌はヨーグルトで知られている乳酸菌やビフィズス菌など。悪玉菌は、ブドウ球菌、ウエルシェ菌、ベーヨネラなどです。環境によってどちらになるか分からないのが大腸菌やバクテロイデスなどの日和見菌。腸内には3万種類以上、約1000兆個の細菌があり、小腸の末端の回腸(かいちょう)から大腸にかけて種類別に存在しているのです。

腸内フローラと健康の関係?

体が健康であれば、腸内フローラは善玉菌が多く、悪玉菌が少ない状態です。善玉菌は、体内への細菌の侵入を防いだり、悪玉菌が作る腐敗物質を分解したりするビタミンB群を作り出します。腸のぜん動運動を活性化させて、便とともに有害な物質を体の外へ排出。免疫力をアップさせるほか、幸せ物質といわれるドーパミンやセロトニンを作り出ます。しかし、病気や老化が進むと悪玉菌が増えて、腸内にアンモニア、インドール、フェノールなど体に害を与える物質が増加。これらの物質は腸管から吸収されて肝臓、心臓、腎臓に負担をかけます。消化機能が低下して、脂質の代謝や免疫力が下がり、便秘、肥満、肌荒れ、花粉アレルギー、アトピー、ぜんそく、うつ病などの原因となることも。さらに老化やがん・糖尿病などの生活習慣病につながる可能性もあります。

腸内フローラの環境をよくする方法

a309-3

photo by http://weheartit.com/

腸内フローラの状態をよくするには、善玉菌を増やしましょう。そのためには、善玉菌のエサになる食物繊維や乳酸菌、こうじ菌、オリゴ糖などを食事から摂ります。これらが分解されてビタミンB群、乳酸・酢酸・酪酸・プロビオン酸などができると腸内が弱酸性になり悪玉菌が減少し、腸のぜん動運動が活性化します。 それでは、腸内フローラを整える食べ物を具体的に挙げてみましょう。

  • 食物繊維:野菜、海藻、こんにゃく
  • 乳酸菌:ヨーグルト、チーズ
  • こうじ菌:みそ、しょうゆ、米酢
  • オリゴ糖:玉ねぎ、ごぼう、アスパラガス
  • 酵母菌:日本酒、ワイン
  • 納豆菌:納豆
  • 酢酸菌:酢

いかがでしたか? アンチエイジングと美肌に深いかかわりを持つ、腸内フローラ。日頃の食生活や生活習慣を見直して健康な腸を保ちましょう。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミ

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >