古臭いメイクにサヨナラ!「アイライン」の上手な引き方

メイクの中でもポイントとなるアイメイク。 まさか目の周りを真っ黒にして歩いていませんよね? 一時期、目を一囲いするアイメイクが流行りましたが、今も似たようなメイクをしていると「時代遅れ」といわれてしまいますよ!

目のアップ

photo by http://weheartit.com

最近はシンプルな目元が大人気。 可愛らしく、ナチュラルな目元で気になる彼にもアピールしたいですよね♪そこで今回は『古臭いメイクにサヨナラ!「アイライン」の上手な引き方』をご紹介してまいります。

アイラインの正しい引き方

用意するものは、アイライナーと綿棒だけ。 これさえあれば、誰でもくっきりとした目元になれます♪

アイライナー

photo by http://weheartit.com

  1. アイラインを引くときは、まつげとまつげの隙間を埋めるように引いていきましょう。目の粘膜にアイラインを引く人もいますが、慣れるまでは皮膚の部分を黒く塗ってみて♪
  2. アイラインは目尻から目頭にかけて、目頭から中央にかけてそれぞれの方向から引きます。一気に引くのではなく、少しずつ線がずれないようにしてみてください。
  3. 万が一、はみ出てしまっても大丈夫。線が乱れてしまったときは綿棒で軽くふき取れば、全く気にならなくなります!
  4. 目尻の部分まで引いたら「く」の字のように折り返して、目尻のへこんでいるところを黒く塗り潰しましょう。下にもラインを引く人はこの「く」の字と下のラインを繋げると、きりっとした目元に変身できます。
  5. あとは綿棒で軽くおさえながら、肌とアイラインをなじませて完成。

アイラインを引くときの注意点

アイラインを引くときは以下の注意点をおさえておきましょう。

1. 眼球を傷つけないようにする

目の粘膜に近い部分をアイラインで引くことになるので、くれぐれも眼球を傷つけないように気をつけましょう。少しでも油断をすると、手が滑って目にアイライナーが入ってしまう場合があります。もし、眼球にアイライナーの液が入ったときは、すぐに水で洗い流しましょう。

2. 目や皮膚に異常があらわれたら使用を中止する

アイライナーを引いていると、たまにまつげの部分や目の周りが赤くかぶれることがあります。そういった異常があらわれたときは、すぐに使用を中止し、しばらくアイメイクを控えるか、気になるようであれば、皮膚科を受診しましょう。

目と女の子

photo by http://weheartit.com

いかがでしたか? アイメイクも時代に合わせて変化していきます。いつまでも自分流でいると、自ら「時代遅れ」と主張しているようなもの。もう一度、アイラインの引き方をおさらいして、トレンドをおさえたメイクに変えてみてくださいね♪

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミ

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >