肌がくすむのは10月だった?秋のスキンケアを徹底したいワケ。

紫外線の厳しい夏が終わり、10月にはいり、朝晩肌寒くなりましたね。 もう日焼け止めも塗らなくて良いし、スキンケアを手抜きしても大丈夫でしょう…と油断しているあなた!
実は、春夏秋冬の中で、一番お肌がくすんでいるのは秋!しかも10月といわれているんです!

何故10月は肌が一番くすむの?

一見、紫外線の強い真夏か、乾燥する冬が一番お肌の調子が悪いと思いがちですが、実はこの秋、10月が一番お肌の調子が悪いんです。

紅葉と橋

photo by http://weheartit.com

夏の紫外線ダメージは後から来る

お肌のターンオーバー、つまり、古い細胞がはがれて新しいピチピチな細胞にかわるまでの周期は約4週間といわれています。が、ダメージを受けたお肌のターンオーバーは通常よりもやや遅くなり、約4~6週間かかるといわれています。ターンオーバーによって、紫外線で生成されたメラニンははがれて、排出されます。
つまり、紫外線の一番強い主に8、9月にダメージを受けて、作られたメラニンは、まだこの時期残っていて、しかも肌の深層部から表面にあがってきているのです。だから、秋にお肌がくすんで見えるんですね。

寒暖差は肌にも悪い!

秋にお肌がくすんで見える理由はもう一つあります。

ニットを着た女性

photo by http://weheartit.com

いっきに寒くなると肌がくすむ

暑くて暑くて、汗がとまらない!水もたくさんとらないと!そんな夏が終わり、いっきに朝晩冷えたり昼間も寒い日もでてきたりする10月。この、「いっきに」寒くなることで、血管はきゅっと縮まります。つまり、血流が悪くなります。
血流が悪くなることで、行き届いていた血液、そのなかに含まれている酸素、栄養がお肌にいきわたらなくなります。お肌は酸欠、栄誉失調状態です。すると肌は不調になり、キメが荒くなり、くすんで見えてしまうのです。

秋のスキンケアこそターニングポイント

夏にはあんなにボディもフェイスもお手入れして、美白していたのに、暑さがゆるんだ途端ずぼら女子になってしまうとアウトです。この秋のスキンケアこそ、来年そして10年後の美しい肌のターニングポイントなんです。

保湿をしよう

秋の肌は水分不足と栄養不足です。たっぷりと保湿することに時間を割きましょう。
化粧水は、ハンドプレスしていますか?最低でも45秒はハンドプレスしましょう! また、シートマスクももちろん効果的です。夏に使用していたさらっとしたタイプではなく、保湿に特化したコスメに衣替えしましょう。

犬と女性

photo by http://weheartit.com

そしてピーリングも効果的。ピーリングのあとの化粧水や美容液は、浸透がよくなりますよ。肌の水分量があがると、キメが整います。 キメが整うことで、化粧のもちが違うだけでなく、光をきれいに反射してくれるので、ツヤのある肌にみえますよ!

意外と大切な秋のお手入れ!
保湿は冬になってからでいいや!と思っていた方は要注意です。今日から、コスメの衣替え、化粧水のハンドプレス試してくださいね!やっている人とやっていない人、数年後に必ず差がでてきます♪いつまでもツヤツヤ肌美人を目指して早めのスキンケアを心がけましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    関口未来さんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >