シミやしわを作らない!夏の日焼け肌のアフターケア3ステップ

海に山に野外フェスにと戸外で楽しく過ごして日焼けした肌のアフターケアをしっかり行っていますか? 若いから大丈夫だと肌をほったらかしにしておくと、じわじわとシミやしわが増えて取り返しのつかないことに。 紫外線を浴びたダメージ肌を健やかに回復する方法をここではご紹介します。

1.日焼け肌はまず冷やす!

photo by http://beauty-matome.net/

やけどをするとまず流水で患部を冷やしますね。海辺などで直射日光を浴びてひりひり痛い日焼けはやけどと一緒です。何よりもまず肌を冷やしましょう。体に負担にならない温度の冷たいシャワーを浴びるか、水道水を体にかけるかして日焼け肌のほてりが取れるようにします。ハイキングや山登りの途中などで日焼けした肌をケアするには、冷たい水に浸したタオル、ハンカチにくるんだ保冷剤などを使って冷やしましょう。またミネラルウォーターなどで体の内部からも水分補給して体の新陳代謝を促すと日焼けは比較的早く収まります。

2.クリームや化粧品で保湿ケアしよう

photo by http://weheartit.com/

シャワーを浴びるなどしてほてりや赤みが少し収まってからのケアは症状によって違ってきます。痛みがある場合は、化粧水を使うとしみるので、ステロイド成分が入っていないクリームを塗って保湿をしましょう。痛みが特にない場合は、手のひらに化粧水を受けて肌に水分を補ってください。コットンでパッティングするのは肌に負担をかけますので避けましょう。
冷蔵庫で冷やしておけば、クールダウン効果でほてった肌がさらに落ち着きます。その後乳液やクリームなどで水分が逃げないようにします。日焼けをした場合は、美白・美容効果があるものよりも基本の保湿成分だけが配合されているシンプルな化粧品を選びましょう。シミやしわが気になるからと言って、フェイスマスクでケアするとダメージを受けた肌には負担になることがあります。

3.日焼けでのシミを防ぐ美白ケア

photo by http://weheartit.com/

日焼け後クリームや化粧水のケアが終わったら、紫外線によるメラニンのはたらきをおさえてシミを作らないように美白ケアをしましょう。美白のためには、ビタミンC誘導体配合の美容液を使います。ビタミンC誘導体には、「リン酸パルミチン酸型(APPS)」「リン酸アスコルビル酸NA(APS)」「リン酸アスコルビルMg(APM)」があります。
化粧品の表示を見てこれらが配合されているものを選んでください。また、日焼けした肌に再び紫外線を浴びると肌に二重にダメージを与えます。帽子やサングラス、日焼け止めなどを使って日焼けを避けるようにしましょう。

夏は日焼けで肌にダメージが起こりやすい季節。しっかりとアフターケアを行って、シミやしわを防止しましょう。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミ

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >