【知っておきたい美容知識】化粧品と医薬部外品のちがいについて。

たまたま手にとった化粧品…。裏をパッとみてみると、そこには「医薬部外品」の記載あり。ふと、化粧品と医薬部外品の違いって何なのと悩んでしまいますよね。

品定めをする女性

photo by http://kirei-torisetsu.com

実は一見、二つとも似たような商品にみえますが、ハッキリとした違いがいくつかあるのです。お肌に優しい化粧品やコスメを選ぶためにも、この二つの違いについて学んでおきましょう。

そこで今回は、化粧品と医薬部外品の違いについてご紹介します。

化粧品って?

コスメ

photo by http://weheartit.com

化粧品と医薬部外品のハッキリとしたボーダーラインは、素人にとっては全く分からないもの…。特に普段使う化粧品はどこまでの商品を化粧品と呼ぶのか、なかかなか理解できませんよね。そもそも、化粧品は医薬部外品に比べて効果・効能が緩和、なおかつ、清潔にしたり、魅力的に魅せるアイテムは全て化粧品に分類されます。

試験管

photo by http://www.ci-labo.jp

また、医薬部外品では「肌荒れに効く」「ニキビが防げる」というフレーズを使ってもよいとされていますが、化粧品はこういった表現方法は禁止されています。実際にパッケージに記載がある場合は、化粧品ではなく医薬部外品、もしくは医薬品の可能性が高いでしょう。

医薬部外品とは?

マスクの女性

photo by http://josei-bigaku.jp

医薬部外品とは、化粧品に比べて効果・効能がハッキリと示されており、また医薬品とは違って「治療」ではなく「予防」目的につくれた製品のことをさしています。医師による処方は必要なく、予防も兼ねて身近なところでお買い求めいただけるんです。

肌を気にする女性

photo by https://silky.tips

化粧品には「ニキビ予防」「肌荒れに効く」という記載ができませんが、医薬部外品には、効果のある成分がきちんと配合されていれば、パッケージ載せることができます。また、一見「化粧品」にみえる「薬用」という表示方法ですが、化粧品よりかは医薬部外品と捉えたほうがいいでしょう。

ちなみに医薬品は…。

錠剤

photo by http://kizitora.jp

ちなみに薬事法では、化粧品と医薬部外品以外に「医薬品」というカテゴリーもあります。医薬品は、何となく推察できるように「治療」を目的としているものは、すべてここに入ります。もちろん、病院を受診して医師に処方してもらった薬も入りますが、ドラッグストアなどで販売されている大衆薬も医薬品としてみなされます。

人体への影響レベル

photo by http://antiaging-witch.com

つまり、効果が弱い順に並べていくと、化粧品→医薬部外品→医薬品の順番。きちんとこういった基礎知識を頭の中に入れておき、目的に応じて、使い分ける必要があります。

化粧品を選ぶ女性

photo by http://www.vintorte.com

いかがでしたか?

化粧品と医薬部外品は全くの別物。 新しく化粧品を購入するときは、きちんとパッケージを確認し、どこに分類されるものかをチェックしましょう。何でもかんでも適当に選んでいると、トラブルの元にもなりますよ!

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミ

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >