さわやかな初夏こそ見直すべき♪肌ケアの基本テクニック

4月からの環境ストレスや、晴れている日の交換神経が優位に立つことからメラニン生成が盛んになり、肌にも負担を強いることになります。 よって肌トラブルを感じることが多くなりますが、過ごしやすいこの時期に基本に返った肌ケアをすることで、今後を左右する肌にもつながります。

気温差やストレスで肌荒れするの?

a-4-1

photo by http://weheartit.com/

2月から4月に急に日照時間と気温が変化して、自律神経とホルモンに影響がでます。 冬場に活発に働き、血管を収縮させ緊張状態にして寒さに耐える交感神経から暖かい季節に移行する時期に副交感神経に変わります。 また、春は環境変化の季節でもあるので、メンタル的にも不安定になる人が多く、肌トラブルの原因になるのです。

油断できない!6月の紫外線

a-4-2

photo by http://weheartit.com/

肌が荒れる最大の原因は紫外線です。暑くなる夏の7月から8月は対策をする人が多いのですが、実はこの6月は8月同様に紫外線がさんさんと降り注いでいます。 また、晴れた日だけが紫外線が多いのではなく、曇った日にも晴れた日の80%の紫外線が降り注ぎますし、春の肌が荒れている時期に、紫外線の影響を受けると、肌荒れやかゆみの原因になります。 真夏でない時期なので、対策は怠りがちですが対策は春からとても大切です。

お手入れしやすい時期だからこそ基本に返る

a-4-3

photo by http://weheartit.com/

自分でリラックスできる時間を見つけて、アロマを焚いてみたり、マッサージをするなどして、緊張をほぐすようなケアをしてみると良いです。 この時期は新しいものにはあまり挑戦しないことがおすすめ!普段慣れているスキンケアで毎日変わらないお手入れを慎重にすることをお薦めします。ごしごしする洗顔も肌に負担がかかるので、優しく洗顔しましょう。朝はぬるま湯ですすぐこと、UVカットコスメばかりでなく美白に対応したスキンケアも使いましょう。 バランス良い食事をとることも大切です。

いかがでしたか? 真夏からの対策ではお肌の老化の加速が早くなります。 10年先にもきれいな肌でいられるために、この時期からのお手入れをお薦めします。

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • プチプラなのに優秀☆はとむぎ化粧水でしっかりUVケアしよう!

      暑い日差しが降り注ぐ夏。日焼け予防や日焼け後のケアはしっかりしたいものですね。そんなときにおススメしたいのが「はとむぎ化粧水」。日焼け肌のほてりを抑え、ひきしめ効果があります。冷房にさらされて乾燥しがちな肌にはうるおいを与えてなめらかに保ってくれるので夏には手放せない化粧水です。 はとむぎの美肌効果は古くから知られ

      2015.07.03 by エスプレッソ

    • 冬の日差しに気をつけて!うっかり日焼けからお肌を守るコツ。

      楽しいイベントいっぱいの冬。スキー・スノーボードが楽しい季節です。ウォーキングするのにも最適な季節ですが、みなさん日焼け対策していますか?一年でいちばん紫外線量が少ない季節である冬。ですが、うっかり日焼けが多いのも冬なんです。気がついたら真っ黒なんてことも…!ここではうっかり日焼けを防いで雪のような透明感を手に入れ

      2015.10.19 by 浩子

    • うっかり日焼けにご注意!日焼け止めを塗るときに気を付けたい大切なコト。

      暖かい日差しにうっとりしているとついつい時間が過ぎるのを忘れてしまいます。徐々にドライブに最適な季節になってきましたね。でもちょっと待って!夏と同じくらい紫外線の量が多い季節ですよ。photo by https://weheartit.comうっかり日焼けでいつの間にか真っ黒なんてことになりかねません。肌にとって大敵なのが紫外線です。夏に向け

      2016.05.08 by 浩子

    • それじゃ効果ないカモ?肌を守る日焼け止めの掟

      美肌や美白、将来のお肌の為に日焼け止めを使用しているという女性は多いと思います。けれど、その日焼け止めが効果を発揮する量を大きく下回って塗っている女性がほとんどです。今回は、その必要量がどの程度なのか実際に試してみました。また、たっぷり塗っても化粧崩れしないテクニックを伝授。皆さんも是非参考にして、実際の量を体験

      2015.06.25 by 豊田愛魅

    • 日焼けあとの火照った肌にはコレ。覚えておきたい夏のアフターケア♡

      photo by http://torefa.com/日焼け対策を万全にしていたはずなのに焼けてしまった……焼けた実感はないけれどたくさん陽射しを浴びて火照っている……。そんなときは、念には念を入れたアフターケアでその日焼けをなかったことにしてしまいましょう。毎日行いたいデイリーケアや特別な日のケアまで、方法を紹介します。冷やしてからたっぷりと

      2016.08.09 by れい

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

      みいさんの書いた美容ニュース

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >