小鼻の赤みで老け顔に。さりげないキレイをつくる3つの秘訣♡

花粉症などで鼻をかみ過ぎてしまい小鼻の周りが真っ赤になってしまった!そんな経験ありませんか?

実は小鼻の周りが赤いと損なことばかりなんですよ。今回は赤みが気になってきた人のためにキレイに消して目立たなくするコツをピックアップしました!

小鼻の周りが赤いと見た目がグッと老ける?!

花粉症の時期になるとバッチリメイクしているのに鼻だけ赤みがひどい人を見かけたりしませんか? 鼻の周りが赤いとその人の印象を変える程の威力があるのです。

例えば、年上の役を演じる時に女優さんは必ずと言っていい程、小鼻の横に赤い色、または少し茶色みを帯びた色を差すのだとか。小鼻の横が赤いだけでグッと老けて見えるからですね。 赤みが老けた印象になるなんてあまり知られていない事実です。

マフラーの女性

photo by http://weheartit.com

小鼻が赤くなる原因を見つけましょう。

対策の前に原因を見てみましょう。小鼻が赤くなってしまう原因は主に3つあります。

鼻をかむ女性

photo by http://xn--38jj4tta3f.com/

鼻を強く頻繁にかみ過ぎている

花粉症や慢性鼻炎、風邪を引いた人などに多いのですが常に毎日鼻をかんでいるので小鼻の周りがティッシュの摩擦で赤くなってしまいます。

炎症を起こしている

毎日の洗顔で小鼻周りの皮脂の詰まりが気になってゴシゴシしてしまうのも原因の1つ。こすり続けたことで皮膚が炎症を起こしてしまった可能性が。

色素沈着している

市販されている角栓取りパックを頻繁にし過ぎて炎症が慢性化してしまい色素沈着を起こす人もいます。

小鼻炎症

photo by http://natsume-haircare.net/

小鼻の赤みはこうすればキレイに消えます♡

小鼻の綺麗な女性

photo by http://weheartit.com

花粉症の場合、病院で薬をもらう

花粉症や鼻炎の人はまず病院に行って飲み薬をもらうこと。直接美容に関係なさそうですがそれだけで症状が和らぎ鼻をかむ頻度が減るので小鼻の周りの赤みが抑えられます。花粉症で鼻の周りの皮が赤くむけてしまった人が受診することも多いそう。適切な塗り薬や飲み薬を処方してくれると思います。

洗顔はやさしく

花粉症や鼻炎の人はまず病院に行って飲み薬をもらうこと。直接美容に関係なさそうですがそれだけで症状が和らぎ鼻をかむ頻度が減るので小鼻の周りの赤みが抑えられます。花粉症で鼻の周りの皮が赤くむけてしまった人が受診することも多いそう。適切な塗り薬や飲み薬を処方してくれると思います。

毎日出来ることとしては洗顔やクレンジングの際、ゴシゴシこすらないこと。クレンジングは優しく肌に馴染ませ、泡立てネットを使って洗顔料をホイップ状にして顔を洗うと摩擦が減り赤みがキレイに消えてきますよ。

洗顔をする女性

photo by https://weheartit.com/

コンシーラーでしっかりカバーする

もしお化粧で隠したいならコンシーラーを使うとベストです。スティックタイプよりジェル状のとろみのある質感のものを選ぶと鼻周りのカサカサやデコボコが目立ちにくくなり自然に仕上がります。

コンシーラー

photo by http://weheartit.com

それでも乾燥してしまう場合、手持ちの乳液を1滴だけ足してみてください。それとコンシーラーを混ぜると柔らかい質感に。より自然に小鼻周りをカバーしてくれます。

ちょっとしたことに気をつければ若々しくてキレイになれますよ♪面倒臭がらずやってみてくださいね。

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • 冬の乾燥対策!保湿コスメの選び方とおすすめアイテム

      冬、肌がカサカサしたり、肌荒れなどの肌トラブルに悩む人が多いのではないでしょうか?適切なスキンケアをしないまま放っておくと乾燥肌が進行して粉がふいてしまったり、赤みやかゆみが出ることも……。そうならないうちに、保湿コスメを使ってしっかり冬のスキンケア対策を行いましょう。ここでは冬に役立つ保湿コスメの選び方やおすすめ

      2017.11.27 by コスメニスト編集部

    • がさがさリップはNG!!簡単ぷるぷるリップの作り方

      唇ががさがさして荒れてしまったりすると、テンションがさがりますよね。唇のケアというとだいたいの方がリップをぬるくらいではないでしょうか?デリケートな唇だからこそ、しっかりケアをしてテンションがあがっちゃうくらいぷるぷるな唇になりましょう!!それでは唇のケア方法をご紹介いたします。 唇が荒れる原因photo by https://wehear

      2015.06.30 by コスメニスト編集部

    • アロエクリームのパワフル&多様すぎる効果・選び方をガイド

      アロエクリームの効果は多彩。アロエクリームといえば冬のあかぎれ対策など限定したイメージを抱いているかもしれませんが、夏の日焼け跡ケアなどにも使え、1年中使える便利でパワフルな製品です。なかには化粧水から化粧下地までオールインワンのアロエクリームも。保湿、美白、シミ対策など、自分が求める効果をしっかり決めて使うのも大

      2018.03.06 by コスメニスト編集部

    • 毛穴の引き締めに期待大!ハーブの力を徹底解剖♪

      鏡で自分の肌を見た時、頬や鼻の周りなどの毛穴汚れが気になったことはありませんか?加齢とともに目立つようになると言われている毛穴ですが、きちんとスキンケアをしているつもりなのになかなか改善されなくて困っている人も多いと思います。ここでは毛穴が開いてしまう原因や開いた毛穴を引き締める効果があると言われるハーブの美容効

      2017.12.12 by コスメニスト編集部

    • あなたのかかと大丈夫?大人女子がおさえておきたい角質ケアの正しいやり方

      本格的に暑くなってきて、素肌をみせる機会も多くなっているのでは。サンダルを履く時期になってから、かかとのカサつきが気になって、慌てて削っている人もきっといるはず。いつもツルツルなかかとでいたいものですよね。もしかしたら、あなたの角質ケアは間違っている可能性も……。そこで今回は『カサカサ撃退!大人女子がおさえておきた

      2015.07.31 by Erica

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >