保湿ケアが黒ずみ解消のカギ!?肌がくすむ原因と対策法まとめ!

肌の黒ずみに悩んでいる女性は多くいます。黒ずんだ肌は、健康的で美しい肌を目指す人にとって対極に位置するもの。黒ずみの原因は様々なものがありますが、日々のケアによって少しずつ変えていくことが出来ます。今回は、保湿ケアを中心に、肌の黒ずみにアプローチしていく方法を見ていきましょう。

素肌の女性

肌の黒ずみはなぜ起きるの?

黒ずんだ肌を変えていくためには、まずなぜ肌が黒ずんでしまうのかを知っておきましょう。黒ずみの原因は大きく2つに分けられます。それは、「メラノサイトという細胞の活性化」と「毛穴のトラブル」。メラノサイトとは肌に存在する色素のことで、紫外線や摩擦といったダメージを受けることで活性化します。活性化したメラノサイトは、肌へのダメージを和らげるためにメラニン色素の発生を促すのです。

最初は肌が少しくすむだけですが、繰り返しメラノサイトが活性化することで黒ずみへと変化します。紫外線を浴びることが多い顔の皮膚や、肘や膝といった衣服と擦れて摩擦を生みやすい部位が特に黒ずみやすい部位です。

毛穴に皮脂が詰まる、毛穴が開く、毛穴そのものがたるむといった毛穴のトラブルも肌が黒ずんで見える原因になります。皮脂が詰まる主な原因としては 、スキンケアの不足、ストレスなどが挙げられます。

また、もともと皮脂が多い体質の人は毛穴が開きやすく、年齢を重ねると肌のたるみと共に毛穴もたるんでしまいます。毛穴は非常に小さな部位ですが、いくつもの毛穴がトラブルに見舞われることで、肌全体が黒ずんで見えてしまうのです。

以上のような原因が複合的に発生することもありますので、自分の肌や毛穴の状態をチェックしたうえで、黒ずみを改善する方法を選択しましょう。

原因に合わせた黒ずみケア

肌の黒ずみを予防するには、摩擦による肌の硬質化を防ぎ、併せて毛穴もケアしていく必要があります。 まずは摩擦に関する対策について考えてみましょう。

肌が何度も擦れるということは、皮膚にダメージを与えていることと同義です。ダメージから身を守るために、肌は少しずつ硬い触感に変化します。この硬質化が黒ずみの前兆です。

これを予防するには、スクラブやピーリング効果のある洗顔料やボディソープで対象となる部位をケアしていくのが有効的。肘や膝、踵など摩擦による硬質化を招きやすい部位は、特に注意が必要です。

顔の皮膚は、摩擦よりも毛穴トラブルや紫外線による刺激が原因で黒ずみが進行する可能性が高い部位です。皮脂が多い体質の人は、まずは普段の生活習慣を見直しましょう。脂っぽいものばかり食べてたり、栄養のバランスが偏っている人も皮脂の分泌量が増えやすいといえます。亜鉛や鉄分などのミネラルが含まれた食品を積極的に摂取し、ビタミンでお肌の調子を内側から整えるように心がけると、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりを予防することに繋がります。

上記のような対策と並行しておこないたいのが、保湿ケアです。毛穴の開きや紫外線による乾燥は、肌の黒ずみを促進させます。また、硬質化した肌に潤いを与えることは皮膚を柔らかくする作用もあります。基本となる保湿ケアに気を配りつつ、肌の柔軟性を高めて生活習慣を見直すことが黒ずみの予防と対策に欠かせないのです。

黒ずみには保湿が有効!

メラニン色素と毛穴トラブルのどちらにも関係が深い問題であるため、肌の黒ずみをケアする方法の中でも保湿は特に重要です。では具体的にどのような方法で肌を保湿していけば良いのでしょう?

まず基本となるのが、保湿成分が含まれた化粧水や乳液できちんとケアすること。ビタミンCやスクワラン、プラセンタといった成分は肌に潤いを与えたいときの手助けとなってくれます。

洗顔後や入浴直後といった、肌が乾燥しやすいシチュエーションで化粧水やクリームを利用して保湿成分を補給してあげるのが理想的です。ムダ毛処理をすることが多いワキには、化粧水よりもクリームをおすすめします。ワキは衣服や肌同士が擦れる機会が多く、化粧水だと落ちやすい傾向にあるからです。

化粧水をより肌に浸透させるには、手に化粧水を取り、肌を包むようにしてじっくりと押し当てるようにしましょう。手で化粧水が温まることで肌に浸透しやすくなるとされています。コットンでも構いませんが、コットンでゴシゴシと擦ってしまえばダメージを与えてしまうことがあります。優しく染みこませるようなイメージでコットンを押し当てましょう。顔の黒ずみに対処する際は、ローションや化粧水を染みこませたマスクを使うのもおすすめです。保湿ケアを毎日の習慣にして、黒ずみの予防や改善に努めていきましょう。

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • エイジングケアの基本は“保湿”。お休みの日は潤いチャージしましょう♡

      「肌きれい!」と言われる事が多かった20代。今思えば美容を怠けていました。お化粧をしたまま寝ても朝しっかりスキンケアすれば肌がよみがえっていたからです。30代になり子育てもしながら美容では肌がしぼんでいくのを実感しました。一番ショックだったのは、肌を手のひらで包み込んだ時に細かいしわがよってしまったこと。それから時間

      2015.11.13 by 浩子

    • 人気商品が勢ぞろい!QVC体験イベント日本初開催。編集部の注目商品は?

      人気TVショッピングのQVCが日本ではじめて体験型イベント「QVC DAY 2017」を開催しました。QVCで人気の商品や未発売の新商品もお目見え!編集部で体験した気になる商品をpickupレポートします♪ そもそも、QVCってどんな番組なの?QVCは24時間365日放送のTVショッピング通販サイト。なかでも特徴的なのは番組生放送での商品紹介!モデルのリ

      2017.10.19 by コスメニスト編集部

    • コスメニスト編集部のベストコスメを一挙公開♡

      様々なコスメアイテムと出会ってきたコスメニスト編集部メンバーが「使って一番良かった!」と思ったマイベストコスメをご紹介します。目次プロダクト ヘアワックス ダマスクローズスイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュレブロン バーム ステイン 55メルヴィータ フラワーウォーター リセットミスト ローズイプサ デザイニング フ

      2018.01.09 by コスメニスト編集部

    • ブツブツ毛穴とバイバイ!「オロナインパック」でつるつるお肌になる方法とは

      一生懸命顔を洗っても、ピーリングをしても、鼻のポツポツが消えない……。毛穴さえなくなれば、キレイな肌になれるのに!と、投げやりになっていませんか?そんなあなたにオススメなのが軟膏のオロナインをつかった美容パック法。オロナインを塗るだけでイチゴ鼻とも決別できる!と女子の間で話題になっています。そこで今回は『こんな使い

      2015.07.24 by Erica

    • 毎日お疲れの方に。疲れ目に効く3つの方法、ご紹介します♡

      肩こり、頭痛…。仕事中、思わず「疲れたぁぁ!!」なんて思うこの症状。実は目の疲れのせいかもしれません。パソコン仕事、スマホなど、毎日酷使している目は想像以上に疲れているんです。お疲れ目ではマスカラもアイラインも効果半減・・。今回はそんな疲れ目に効くケア方法を教えちゃいます☆目は想像以上に疲れてる!?最近のオフィス環

      2015.09.09 by koro

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    • コスメニスト編集部

      コスメニスト編集部さんの書いた美容ニュース

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >