美肌なあの子はもう使ってる♡上手なコントロールカラーの選び方

くすみ、ニキビ、くまなど…肌トラブルにはさまざまな悩みがたくさんあります。そこで活躍してくれるのでがコントロールカラー♡ 悩み別に何色を使ったらよいか紹介していきます^^

まずは自分に合った色を判別する

photo by http://www.makeupforever.com

      
  • イエロー

効果:くすみ・シミ・そばかすをカバーし、健康的な肌色になる
ポイント:気になるところにだけぬる

      
  • ピンク

効果:顔色が悪いときに使うと血色をよくみせてくれる
ポイント:ぬりすぎない、少量でOK★

      
  • グリーン

効果:顔の赤みやニキビを消してくれる
ポイント:顔全体にはつけずに、部分使いをする

      
  • オレンジ

効果:たるみ・くま隠しなど茶色にくすんでいるときに目立たなくしてくれる
ポイント:顔全体にはつけずに部分使いをする

      
  • ブルー

効果:黄色みのあるくすみをカバーする
ポイント:色白の人は余計に顔色を悪く見せてしまうので、向いていない

      
  • パープル

効果:透明感のある肌を演出したいときに使う
ポイント:目元やあごに使うと色っぽくなる

コントロールカラーを上手にぬるポイント

photo by http://weheartit.com

      
  1. ファンデーションよりも前にぬりましょう。下地の役わりを果たしてくれますので、ファンデよりも前が鉄則。
  2.   
  3. ぬるのは必ず少量。べったりぬるのではなく、少量を手にとってうすく伸ばしてぬるようにしましょう。
  4.   
  5. スポンジでなじませる。ぬり終わったらムラがないようにスポンジでなじませましょう。この時、強くこするのはNG。優しくぽんぽんとなじませていきます。

いかがでしたか? コントロールカラーは、美肌づくりにおいて必須なアイテムです。肌の悩みに応じて、上手にコントロールカラーを使いわけてみましょう。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >