早めケアがカギ!!日焼けの赤みは○○で抑える!

楽しい海水浴のあと、うっかり日焼け止めをぬり忘れた肌がひりひりと痛くなり赤みを帯びてしまうことがありますね。背中に洋服が当たって痛いのも気になりますが、顔に赤みが残るのは困りものです。 日焼けの赤みが早く引いて痛みがやわらぐ方法と赤みを防ぐ方法を知っておきましょう。

日焼け肌の赤みは「やけど」

日焼け

photo by http://weheartit.com/

肌に赤みが出て痛いのは、強い紫外線を浴びて肌が炎症を起こしている状態で、「やけど」と同じです。やけどをしたときには、応急対応として流水をかけて冷やすのがよいといわれます。日焼けの肌の赤みも一緒で、まずは肌を冷やしてください。冷たいシャワーを浴びたり、ぬれタオルで痛みや赤みのある部分を冷やしたりしましょう。もし氷や保冷剤があれば、ビニール袋に入れて肌に当てて冷やします。赤みをとるには肌が熱っぽくなくなるまで冷やしつづけましょう。また、赤みがすこしとれても、その日は湯船に入るのは避けてください。冷やしても改善がなかなか見られないときや、ただれてきたり肌に異常があったりしたらすぐに皮膚科に行くようにしましょう。

日焼けの肌はパックで乾燥を防ぐ

ローションパック

photo by http://kw4111.livedoor.biz/

赤みがひいたあとは、肌が乾燥してかゆみが出ますから保湿をしっかりしましょう。化粧用のコットンに化粧水をたっぷりふくませて赤みがある部分にパックしましょう。日焼けでダメージを受けている肌にコットンをパッティングすると肌を傷めますので避けてください。化粧水がないときには水をたっぷり含ませてパックするとよいでしょう。乳液や保湿化粧品があればパックの後に使ってください。さらに肌のうるおいが保たれます。また、赤みがひいたのちに、皮がむけてきますが、無理にはがすと肌が傷むうえにシミの原因になってしまいます。

日焼けの赤みをさけるためには?

太陽と女性

photo by http://weheartit.com/

海水浴や海辺でのバーベキューなど太陽のもとで活動するときには必ず日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めは汗で流れ落ちるので何度か付け直す必要があります。また、汗をかきやすい人や泳ぐときにはウォータープルーフタイプの日焼け止めを使ってください。日差しが強い場所で過ごすときには帽子をかぶり、長袖のシャツを着るなど紫外線をしっかりと防御しましょう。紫外線には、プロスタグランジンという物質が含まれており、血管を広げて炎症を起こし痛みを強める作用があります。海辺での冷たいビールや缶チューハイなどのアルコールは格別おいしいですが、お酒を飲むことでプロスタグランジンの作用が促進されます。日焼けが気になる人はお酒を控えてください。

いかがでしたか?日焼けの赤みと痛み、早く解消して普段の肌に戻りたいですね。やってしまったケアにはとにかく早めがカギ!ですがやはり予防が一番!!日頃の日焼けケアから怠らないようにしましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミ

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >