1度は作ってみたい!!手作り化粧品のメリット、デメリットは?

最近化粧品を手作りする人は多いですよね。好きな成分を合わせられたり、コスパがよいというメリットも。しかし、手作り化粧品にはデメリットもあります。手作りでコスメを楽しむためにも、その特性を知っておきましょう。

手作り化粧品をつくる理由とは

a79-1

photo by http://aroma-orange-sweet.com/

今やコンビニでも買うことのできる化粧品。ドラッグストアやスーパーなどでも販売され、簡単に手に入れることができます。では、手作り化粧品を作っている人たちは、どんな理由から作りはじめたのでしょうか。

きっかけ1 好きな香りの化粧品をつくりたい

ここ10年ほど、アロマオイルを使ったエステや、マッサージなどが美容法の定番となってきましたよね。また、アロマウォーターを芳香剤代わりに使用している人も多いようです。 多くのオイルやハーブなどが手軽に入手できるようになり、「私の好きな香りのオイルをつくりたい」「オリジナルの香りを調合したい」という人が増えてきました。現在は、手作りの化粧水に好きな香りをつけるのが定番となっているようです。

きっかけ2 市販の化粧品が肌に合わない

手作りで化粧品を作る人の中には、市販のコスメが肌に合わないという人もいるのだとか。どの成分が自分に合わないのかを知りたい人や、安全・安心してスキンケアを行いたいということから、手作り化粧品を学びはじめているようですね。

手作り化粧品のメリット・メリット

a79-2

photo by http://hellonatural.co/

手作り化粧品の基礎知識を知っておきましょう

手作り化粧品のメリット

好きな成分で配合できる。美白や乾燥、低刺激など、肌に合わせた成分を調合して使うことができます。使用する香りも十人十色。また、とろりとした化粧水やさらりとした化粧水など、使用感も選べます。 また、手作り化粧品のつくり方はとても簡単です。精製水とグリセリンを混ぜるだけでベースの化粧水ができるので、簡単でコストパフォーマンスも優秀ですよ。

手作り化粧品のデメリット

市販のものには、防腐剤などが入っています。それが原因で肌トラブルになる人もいるかもしれませんが、化粧水自体が腐ってしまったら元も子もありません。制作日をきちんとメモし、数日から1週間で使い切るようにしましょう。 もし、市販の化粧品で肌が荒れた場合は、会社が責任をとりますね。しかし、手作り化粧品は作った人が責任をとります。もし、肌が荒れてしまっても、誰にも文句は言えません。 また、手作り化粧品を販売したり、人に譲ることはやめましょう。薬事法にひっかかってしまうため、責任を問われる可能性があります。

手作り化粧品を楽しむときに気を付けること

a79-3

photo by http://www.timeless-edition.com/

デメリットはあるものの、やはり手作りで化粧品を作るのはワクワクするものですよね。化粧品を手作りにするなら、以下の3点に気をつけて作るようにしてください。

  • パッチテストを行う
  • 安全性に配慮する
  • 個人で楽しむ

初めて作った化粧品は、肘の内側につけて、一度パッチテストを行うようにしましょう。安全性に配慮することが一番大切で、器具を清潔に保つ、煮沸消毒するなどの対策はきちんとおこなって。安全性を考えるようにして作ってくださいね。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミ

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >

    新着口コミレポート

    もっと見る