がさがさリップはNG!!簡単ぷるぷるリップの作り方

唇ががさがさして荒れてしまったりすると、テンションがさがりますよね。唇のケアというとだいたいの方がリップをぬるくらいではないでしょうか? デリケートな唇だからこそ、しっかりケアをしてテンションがあがっちゃうくらいぷるぷるな唇になりましょう!! それでは唇のケア方法をご紹介いたします。

唇が荒れる原因

a75-1

photo by http://weheartit.com/

唇は肌とは違い皮脂を分泌する皮脂腺がなく、水分を保持するための角質層が薄くなっています。飲食により外部からの刺激も受けやすいため荒れやすいんです。頻繁に唇をなめていたり、リップの使いかたも正しい使い方をしていないと荒れる原因になってしまうんですよ。さらに生活と食が不規則だったり、ビタミンBの不足でも唇は荒れてしまうので食生活も要注意です。

リップクリームの正しい使いかたとは?

a75-2

photo by http://weheartit.com/

リップクリームは荒れた唇を治すものではなく、保湿をすることが目的なので荒れる前に普段からつけるようにしましょう。ぬるときは横にぬる方が多いと思いますが、唇のキメにそって縦にぬっていくと、しっかり唇が潤います。塗りすぎることもよくないので多くても1日5回くらいを目安にぬりましょうね。寒い時期などはリップクリームが冷えていることが多いので、その場合はリップクリームの先端を少し温めてから使うといいですよ。 かゆみやひび割れ、皮がむけているなどの症状がある場合は医薬品のリップクリームを使ってくださいね。

荒れた唇も対応、おすすめ唇パックの方法

唇の皮膚再生のサイクルは、3~5日間と早いので就寝前のケアをしっかりすることで早くもとどおりなることができます。就寝前のケアでおすすめなのが唇パックです。唇パックは荒れた唇にも効果的です。しかし10分以上長くパックをしたりすることは避け、刺激を感じる場合は逆効果になってしまうのでやめてくださいね。 唇パックをする前は蒸しタオルを唇にあて、数分あたためてからしましょう。それだけでパックの効果がアップしますよ。パックをぬるときはリップと同じように縦にぬってくださいね。

はちみつパック

はちみつを唇にぬり、上からラップをして5~10分待ってからラップを外し指でくるくるマッサージをしましょう。

はちみつとワセリンのパック

はちみつとワセリンを1:1で混ぜたものを唇にぬり、上からラップをして5~10分待ってからラップを外し優しく拭き取りましょう。

オリーブオイルパック

オリーブオイルを唇にぬり、上からラップをして5~10分待ってからラップを外し優しく拭き取りましょう。味や匂いが気になるようでしたら、はちみつとオリーブオイルを1:1でまぜたものにするのもおすすめです。

唇のケアはビタミン補給も忘れずに

ビタミンB2には口の中の粘膜を正常に保つ役割があるので、不足すると唇の両端がただれたり、唇が荒れたりすることもあるんです。ビタミンB2が含まれている食事やサプリをとりいれることで、内面からも唇のケアをしましょうね。ビタミンB2を多く含む食べ物で代表的なものはレバー・うなぎ・納豆・卵・ブロッコリー・ホウレンソウなどです。積極的に取り入れてみてくださいね。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >