【必見】かゆみが起こりやすい人に知ってほしいデリケートゾーンのこと。

デリケートゾーンのかゆみは、誰にでも起こる悩みですが、なかなか周りの人に相談しにくいところがありますね。そこで、ここではかゆみへの対処方法やかゆみの起こる原因などをまとめてみました。

かゆみはどんなときに起こる?

ファーを巻いた女性

photo by http://weheartit.com/

デリケートゾーンのかゆみは汗やストッキング・タイツなどによるムレが原因となりますが、特に生理中に起こりやすくなります。生理中は、きつめのサニタリーショーツをはいてナプキンを使うと湿気がこもり、ムレが起こりやすくなってしまうからです。その結果、雑菌が繁殖してかぶれやすいのです。

座っている女性

photo by http://weheartit.com/

生理中でなくても、デリケートゾーンは下着やパンティストッキングで常に絞めつけられています。トイレにウォシュレットがあれば、こまめにデリケートゾーンを洗浄して、常に清潔に保つように心がけましょう。もちろん下着は清潔に保つように心がけること、下着は綿など天然素材でムレが少ない素材を選ぶとよいですよ!

かゆみが起こりやすい人とは?

頭を抱える女性

photo by http://medicalesthe.com

アレルギー体質の人は、デリケートゾーンのかゆみが起こりやすいので、特に下着などを清潔に保ちましょう。また、疲れやストレスをためやすい人は、抵抗力が低下することでかゆみの原因に。妊娠中の人、抗生物質を飲んでいる人、糖尿病の人も要注意です。

ヒール

photo by http://weheartit.com/

さらに年齢が高くなると女性ホルモンが減少して、膣の水分がなりなくなりかゆみが出ることや膣炎になることがあります。このようにかゆみが起こりやすい人のために、デリケートゾーン用の化粧水や美容液などがあります。気になる人はぜひ使ってみましょう。

かゆみの原因菌と改善策は?

お風呂に入る女性

photo by http://weheartit.com

膣外のかゆみやただれであれば、市販の「フェミ二ーナ軟膏」を塗れば対処できます。ただし膣内のかゆみや妊婦の方には使用できません。かゆみの原因になる細菌と症状として挙げられるのは、感染性外陰炎(大腸菌、ブドウ球菌)、トリコモナス膣炎(トリコモナス原虫)、先圭コンジローマ(パピローマウイルス)など。デリケートゾーンの症状がひどくなると皮膚のただれや痛みが起こりますが、その前に必ず婦人科のお医者さんに相談しましょう。

いざという時には。

日頃病院に行かない人は、急に婦人科を受診してくださいといわれても戸惑うことがあります。安心して診療が受けられるお医者さんをチェックして、いざというときに慌てないようにしましょう。できれば近所で信頼できるお医者さんが見つかるといいですね。

赤いコートを着た女性

photo by http://weheartit.com

何かと気をもんでしまうデリケートゾーンのかゆみ。まずは予防対策をとって清潔を心がけましょう!

    よく一緒に読まれている美容ニュース

    • 奈々緒やローラに近づく♡美脚を手に入れるコツ、教えます♪

      「もう若くないから脚なんて出せない」そう思ってロングスカートやパンツを選んだり、海に行くのをやめた!なんて女性、結構多いのではないでしょうか?毎日のお手入れをしてあげるだけで、その悩みがなくなります! モテ美脚になって、この夏は行きたい場所にアクティブにいきましょう♪ 美脚とはどんな脚のこと?photo by http://weheart

      2015.07.24 by 関口未来

    • 小胸でも諦めちゃダメ♡「バストアップクリーム」の正しい塗り方

      彼氏の部屋にお胸が大きい女性の写真集がおいてあった!そんなとき貧乳さんにとっては悔しい気持ちでいっぱいになるでしょう。しかし、諦める必要はありません♡今からでも、ぷるるんおっぱいを目指して小さな胸を育ててあげましょう!そこで今回は「バストアップクリーム」の正しい使い方をご紹介いたします。バストの悩みは人それぞれです

      2016.01.18 by Erica

    • かゆすぎる…そんなときは。誰にも聞けないデリケートゾーンのかゆみについて。

      生理前後は、デリケートゾーンがとにかくかゆくて大変!でも、いくらかゆいと思っていても、さすがに外でゴシゴシとかくわけにはいきません。でも一度、かゆいと思うと、かゆみだけが気になって、目の前のことに、なかなか集中できなくなりますよね。photo by http://weheartit.com夏になると、デリケートゾーンも汗をかいて、さらに、かゆ

      2016.05.16 by Erica

    • 【気を付けたい】体臭が強くなる?失敗しない制汗剤選びのポイント

      夏日が続くなど、気温の高い時期になってきました。そうなると、使用する頻度が高くなるのが、制汗剤です。スプレータイプやロールタイプなど、各メーカーから豊富な種類が出ていますよね。朝出かける前にシューッとひと吹きしている方も多いのではないでしょうか。しかしこの制汗剤、使用方法を間違えると、かえって体臭を強くしてしまう

      2016.07.01 by コスメニストライター

    • いつでもふんわりいい香りに包まれる♡「マスクスプレー」の使い方

      マスクをしていたのに風邪を引いてしまった!今度こそ風邪を引かないようにとウィルス対策グッズをチェックしているのでは?これからの時期は、風邪だけでなくインフルエンザも流行りだしてきますよね。すでに電車に乗ると、車内のいたるところで咳をしている人も。年末年始、元気よく過ごすためには日頃の予防が重要に。ただマスクをつけ

      2015.12.04 by Erica

    この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

      エスプレッソさんの書いた美容ニュース

    カテゴリーから美容ニュースを探す

    注目のニュース Pick Up!

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    "最近、急に日差しが強くなり、息子と外出して日光を沢山浴びてしまったと感じても、しっかりこのCセラムプレミアムでケアするとちょっとほてって赤くなった肌が治まり、翌朝にはいつもの肌色に戻っているので、シミになるのを防いでくれているなあと感じます。 ピュアビタミンC はシワだけではなく、シミや黒ずみにもアプローチしてくくれるので、一年で一番紫外線が気になるこの時期に、シミを作らず、シワを深くせず、小鼻の毛穴も黒ずみもケアしてくれるので心強いなと思います。 使い続けることで、シミやシワなどのトラブルが起きにくい肌にしてくれる美容液だと思います。以外に頬周りの毛穴にも効いていて、毛穴の目立ち、肌のごわつきが目立たなくなってきました!"

    続きを読む >