womenwill Google #HappyBackToWork特別企画

結婚しても、妊娠しても、出産しても。
女性が美しく輝く社会をつくりたい。

立花 ゆうりさん(美容・コスメライター/混合肌)

芸能界、航空業界、化粧品開発等の経験を経て、美容・コスメライターとして独立。
現在は1人娘を育てながら在宅にて活動中。
多数の美容系WEBサイトや雑誌メディアにてメイク法やコスメ紹介等、美容記事を執筆。
日本化粧品検定コスメコンシェルジュ・パーソナルカラー検定等、資格も多数。

■Instagram
http://instagram.com/yuuriofficial
■立花ゆうりofficialブログ
http://ameblo.jp/yuuri-tachibana/
立花 ゆうりさん

娘が生まれて、最優先事項が
『仕事』から『子供』にガラッと転換!

子供が生まれて自分自身「変わったな」と感じるのは、責任感。もともと責任感は強いタイプでしたが、産後はさらにパワーアップしたように思います。この子のお手本としていつでもしっかりしていなくちゃという気持ちと、この子を毎日めいっぱい楽しませてあげたいという気持ち。

私はこれまで芸能界や航空業界、化粧品開発など、様々な業界でバリバリ働いてきましたが、子供が生まれた瞬間、私の中の最優先事項が“子供”にガラッと切替わりました。だからどんなに仕事が立て込んでいる時も、子供と一緒に過ごす時間だけは決してカットしない。そのため仕事を後回しにしてしまう時もありますが、在宅勤務は常に子供のそばにいられる点と、時間の使い方を自分でやりくりできる点が良いところ。在宅を選んだことで、仕事と子供、どちらも満足のいく形で両立出来ていると感じます。

一番リラックスできるのは、眠る前、
子供の成長について夫と話しているとき。

慌ただしい1日の中で一番リラックス出来るひとときは、就寝前。ベッドに横になりながら、子供の成長やその日にあったことなど、他愛もない話を夫としているとき、心からホッとします。気分が落ち着いて、そのままぐっすり眠れる。

普段は子供が最優先だけど、たまには実家の母に子供を預けて、夫婦でデートすることも大切にしています。行き先は、買い物やミュージカル、高級レストランなど。そうした時間を意識的につくることで、ストレス発散できていますね。

週1回、自宅でオイルマッサージする時間も、私の貴重なリラックスタイム。ニベアやヴァセリンなどの保湿クリームで保湿対策をしたり、乾燥防止の美顔器ケアなど、自分磨きの時間も欠かしません。母であり妻であり、ビジネスパーソンでもありますが、まず1人の女性として魅力的な自分でありたいと思うから。

立花 ゆうりさんの一日のスケジュール
立花 ゆうりさん

“時短だけど手抜き感ゼロメイク”を
常に研究しています(笑)

産後の体形崩れ防止はかなり意識しましたね。まず出産してすぐ、骨盤ベルトで骨盤を正常な位置に戻すよう努力。幸いにも妊娠中は6キロしか増量しなかったので、出産後は妊娠前より痩せることができましたが、その一方で髪が疲れ切ってパサパサに……。そのためトリートメントやヘアケアには人一倍気を遣いました。

産後は出産前ほどたっぷり美容に時間を費やすことができなくはなりましたが、『時短なのに手抜き感をなくすメイク方法』は常に考えています。例えば、ベースメイクは美容液・日焼け止め効果も含まれているBBクリームを使ったり、マルチカラースティックでアイメイク・チーク・リップを同じアイテムで統一したり。

それから簡単なケアをこまめに行うこと。中でも保湿クリームは1日の中で何度も手にします。高級なものでなくても良いので、なるべくマメに塗ることがポイント。

また産後、肌が敏感になり乾燥しやすくなったと感じるため、どんなに時間がなくても、美顔器や保湿ケアなど日常のスキンケアはサボらないようにしています。

女性がいつまでも輝きつづけるための
サポートをしていきたい。

今、ひそかな目標があって。女性が結婚・妊娠・出産しても、いつまでも綺麗に輝き続けるための環境づくりがしたいなと思ってるんです。そのためにまずはSNSをはじめ、メディアや記事、セミナーなどを通して、子育てや美容のことで悩む女性に役立つアドバイスや知識を提供していきたい。将来的には美容ライター業だけでなく、自宅サロン経営や、メイクレッスン、化粧品開発の企画をしたりと、チャレンジしたいことが数えきれないほどあります。

思い描くのは、自分に自信を持ち、キラキラと美しく笑う女性で溢れる世界。そんな世の中に導いていく存在の一人になれたら、とても幸せです!

立花 ゆうりさん

本日のポーチの中身…

立花 ゆうりさんの化粧ポーチの中身 立花 ゆうりさん

1・アスタリフト/ジェリーアクアリスタ(ブースター美容液)2・無印良品/敏感肌用薬用美白化粧水・高保湿タイプ(化粧水)3・イヴ・サンローラン・ボーテ/タンアンクルドポー(ファンデーション)4・ナース/ザマルティプル 1511N(マルチカラー)5・パナソニックビューティー/スチーマーナノケア(美顔器)6・シュウウエムラ/ドローイングクレヨン Pイエローゴールド(アイライナー・アイシャドウ)7・シュウウエムラ/ドローイングクレヨン Pパープル(アイライナー・アイシャドウ)8・シュウウエムラ/ドローイングペンシルMEピンク(カラーライナー)9・msh(エム・エス・エイチ)/ラブライナー ブラウン(アイライナー)10・THREE(スリー)/シマリングリップジャム 08(リップグロス)11・ディオール/ルージュディオールブリヤン 808(リップグロス)12・イヴ・サンローラン・ボーテ/ルージュヴォリュプテシャイン 15.41(口紅)13・ディオール/リップマキシマイザー(リップ美容液)14・イヴ・サンローラン・ボーテ/クチュールクルールパレット 09(アイシャドウ)15・ルナソル/スキンモデリングアイズ 02(アイシャドウ)16・シャネル/ルブラッシュクレームドゥシャネル 69(クリームチーク)17・THREE(スリー)/シマリンググローデュオ01(ハイライト)18・ケイト/デザイニングアイブロウN(アイブロウ)19・ケイト/アイブロウカラーN(カラーマスカラ)20・ランコム/グランディオーズ01(マスカラ)

▶ イチオシアイテム!「スチーマーナノケア」

産後は以前よりも肌が敏感になり、より乾燥が気になるので、美顔器は欠かせないアイテムになりました。

立花さんポーチ中身

「コスメニスト」は♯HappyBackToWorkの実践サポーターです。

コスメが大好きな女性の本音が見える化粧品メディア「コスメニスト」は、
Google Women Will プロジェクトの一環である「#HappyBackToWork」に賛同しています。

GoogleのWomen Willは、女性のテクノロジー活用を促進することで、
各国の女性が直面する問題の解決を目指すGoogleのアジア太平洋地域全体の取り組み。
日本での活動である#HappyBackToWorkは、
出産などを機に女性が仕事を離れてしまう状況を改善するため、家族・上司・同僚・会社の人事・地域社会など、
さまざまな立場の人ができる仕事復帰サポートのためのアイデアを集め、
パートナー企業と共に実践の輪を広げていく活動です。

この取り組みに「コスメニスト」も賛同し、
コスメレポーター活動を通して、働くママが活躍・輝く場を創出しています。

ママさんコスメレポーター募集中!

詳しくはこちらから
  • LINEで送る