• コスメニスト公式youtube
  • コスメニスト公式Instagram
  • コスメニスト公式ブログ
  • コスメニスト公式Facebook
  • コスメニスト公式twitter

もうアプリに頼らない!写真映りが良くなるメイクの4つのポイント

「あれ?私の顔ってこんなだっけ?」 いつも綺麗にメイクして写真に写っているはずなのに肉眼で見るのとだいぶ違う…と思っていませんか。 写真映りを可愛くするにはちょっとしたコツを身につけると上手くいきますよ。

写真用のメイクは立体的に見せると上手くいく

コスメの写真

photo by http://weheartit.com

写真用のメイクというのは明るさの計算が大事になってきます。 フラッシュをたくと全体的にのっぺりした顔になってしまいますが平坦にならないようにと濃いメイクにしても写りが良くなるわけではありません。 二次元的にならず顔を立体的に見せるメイクのコツはなんでしょうか。

ポイント①ベースメイクは色を落とす

ファンデーションやベースメイクの色はフラッシュの光で飛ぶことを想定していつもよりワントーン暗めにしましょう。 普段のメイクでは、艶感のあるものは肌を綺麗に見せてくれますが写真の時は注意! パールが入っていたりすると光りを取り込み、顔全体がテカってるように見えてしまうことも。ベースメイクはマットなものかパールが入っていないものを選ぶと良いと思います。

ポイント②ハイライトとシェーディングをしっかり

メイク写真

photo by http://weheartit.com

顔を立体的に見せるためにハイライトとシェーディングは不可欠です。ハイライトはイエロー系の明るい色チョイス。Tゾーンや顎の先、目の下に置きましょう。 シェーディングは暗めのファンデーションか、それ専用のパウダーを鼻の横、フェイス周りに乗せます。 いつもよりしっかり付けることで立体的なお人形フェイスに。

ポイント③チークは濃い目に

いつものメイクであればチークはふんわり血色が良くなる程度に乗せるのが基本ですが、写真だと光で飛んでしまうのでいつもより少し濃いめにつけるのがコツ。 その時、パウダー状のものよりクリームタイプのチークの方が発色がよく持ちもいいのでオススメです。

ポイント④アイメイクはラインもマスカラもバッチリ

アイメイク

photo by http://weheartit.com

目元のメイクが薄いとぼんやりした印象にうつってしまいがち。 アイシャドウは暗めの色を使うことでハーフ顔に近づきます。アイラインは黒を使って目じりにむかって少し長めに書くのがコツ。下まぶたは全部囲わず黒目の下の位置にラインを引きましょう。目が大きく見えるだけでなく顔全体も引きしめぼやっとした印象をなくします。 マスカラは目じりに向かって外に大きく広げるようにしましょう。そうすることで、目がぱっちり大きく見えるようになります。

メイクが終わったら自分のスマホやデジカメを使って何枚か試し撮りをしてみましょうね! 今回紹介したのは基本ですがひとりひとり綺麗に魅せる工夫は違うはず。 メイクをしたパーツがイメージ通りに効果的に映るか実験をすることでもっとキレイに可愛く映るコツが見えてきますよ。

よく一緒に読まれている美容ニュース

この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

MOさんの書いた美容ニュース

新商品キャラバン

コスメ口コミレポーター一覧コスメ口コミレポーター一覧

コスメニスト一覧を見る

コスメ口コミランキングコスメ口コミランキング

ランキング一覧を見る

コスメニスト募集
編集部ページへ

©2015 cosmenist