• コスメニスト公式youtube
  • コスメニスト公式Instagram
  • コスメニスト公式ブログ
  • コスメニスト公式Facebook
  • コスメニスト公式twitter

愛する彼も実はドン引き!? 大人女子が意外としている3つの「男ウケNGメイク」

大人になっても、なかなか自分に似合うメイクって分からないもの。 街を歩いていても思わず「えっ!?」と二度見しちゃうようなメイクをしている女性が何人もいますよね。本人は「私ってかわいい」と思っていても、誰も指摘しないだけであって、周りは密かにドン引きしているんです。

もしかしたら普段隣を歩いている彼もなかなかあなたに言えないだけであって、もうちょっとメイクを変えてほしいと思っているかも……。 まさから今さらつけまつげバサバサで歩いていませんよね? そこで今回は「男ウケNGメイク」についてご紹介してまいります♪

アイメイクが濃すぎる

最近はもっぱら「すっぴん風」や「おフェロ」が大人気。 二つの共通点は「ナチュラルメイク」ということ。透明感あるお肌にほんの少し色味を足すくらいが丁度いい感じに♪しかし、なかには、いまだにアイメイクを濃くして街を歩いている人がいますよね。

アイメイク

photo by http://weheartit.com

アイライナーを一囲いにしたり、つけまつげを何枚も重ねたり…カラフルなカラコンを入れてみたり……でも、どれも時代遅れのメイク! アイライナーを使いたいときは、部分的に使用するといいですよ♪ たとえば、黒目の下だけに引くと、ナチュラルにデカ目をつくることができます。

つけまつげを使用するときも、あくまでも「ポイント」として使いましょう。目尻の部分だけに足すだけでもう十分♪カラコンを入れないと外出できないというなら、せめて黒目に近い色を選びましょう。

涙袋が強調されすぎ!

昔にはなかったメイク方法といえば「涙袋」。
目元を大きくさせたいときに、ラメで目の下に涙袋つくると、可愛らしい印象になるんです。最近は、涙袋専用のペンもでているほど、現代の女性にとっては必要不可欠なものとなっています。

コーディネイト

photo by http://weheartit.com

しかし、なかには涙袋を強調しすぎていて、目元が不自然な人が何人かいます。あるいは、目尻まで涙袋をつくっているせいで、まるで整形手術を受けてきたような仕上がりになっている人も……。涙袋も「さりげなく」つくるのがポイントに♪目頭から黒目の下までにしておきましょうね。

眉が濃い・太すぎる

平成生まれなのに「バブリー感」のあるメイクをしている女性もたまにみかけますよね。本人はおそらく「モデル」や「女優さん」を意識してのことなんでしょうが、あまりにも眉が太い・濃いと、時代遅れのメイクになってしまいます。男性は女性以上にナチュラル感を重視するので、余計にドン引きしてしまうのでしょう。

アイメイクのイラスト

photo by http://weheartit.com

眉をつくるときは、すべて同じ色のアイブロウをのせるのではなく、眉頭から眉尻にかけて色に変化をつけていきます。カラーは髪の色よりもワントーン明るい色を選ぶといいでしょう。鏡をみながら、アイメイクやチーク、リップメイクの邪魔をしていないかチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?
自分では男ウケメイクをしているつもりでも、実は男性を遠ざけている可能性も……。「強い女性」に憧れている人ほど、メイクが濃くなる傾向があるので「ナチュラル」や「ヌケ感」を意識しながらメイクアップしてみましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

Ericaさんの書いた美容ニュース

新商品キャラバン

コスメ口コミレポーター一覧コスメ口コミレポーター一覧

コスメニスト一覧を見る

コスメ口コミランキングコスメ口コミランキング

ランキング一覧を見る

コスメニスト募集
編集部ページへ

©2015 cosmenist