• コスメニスト公式youtube
  • コスメニスト公式Instagram
  • コスメニスト公式ブログ
  • コスメニスト公式Facebook
  • コスメニスト公式twitter

朝に何食べてる?朝食でカラダからキレイになろう♡

朝食は何を食べていますか? パンとコーヒー、たまごかけごはん、シリアルなど手軽に済ませる人もいれば、ごはん、味噌汁、焼き魚、胡麻和えなど昔ながらの和食をしっかり食べて出かけるという人もいるでしょう。ここでは、体にいい朝食について考えてみます。

朝食と仕事効率&美肌の関係

女性

photo by http://weheartit.com

朝は食物繊維が豊富な野菜、海藻、穀物類など血糖値が上がりにくい食品を食べるとよいといわれます。白いお米やパン、コーンフレーク、などを食べると血糖値が上がります。すると、血糖値を減らそうと膵臓のインスリンの分泌が促進されて、今度は一気に血糖値が下降。そうなると脳の血流が悪くなり、仕事や勉強の能率が下がってしまいます。

また、朝食に限らず食後に血糖値が上がり過ぎると、血管のコラーゲンが糖化して硬くなります。糖化は糖とたんぱく質が結合することですが、糖化たんぱく質の色は褐色です。そのため、肌の透明感やハリがなくなりくすみが出ます。さらに糖化たんぱく質がたまると、ターンオーバーが遅くなって、メラニンが残りシミになります。

卵は血糖値を上げない完全栄養食

血糖値を上げず、さらに健康によい栄養素がたっぷりの食材といえば卵! 朝食には定番になっている食材ですね。以前は食べ過ぎるとコレステロール値が上がるといわれていましたが、その悪評は間違いだということが分かりました。

卵

photo by http://weheartit.com

卵は食物繊維を含むのに加えて、ビタミンC以外のビタミン、ミネラル、たんぱく質をすべて含む完全栄養食です。卵のたんぱく質は良質で脂肪になりにくいので太る心配がありません。

さらに食事で摂るべき必須アミノ酸が9種類すべて含まれていて肝機能をアップします。たんぱく質がエネルギーにかわるので、体を温める効果も。秋冬にはぜひ摂りたい食品です。また、代謝がアップして活動エネルギーになるので、朝食にぜひ食べてください。

血糖値を安定させる食材は?

血糖値を安定させる食材といえば、ナッツ類。ピーナッツやくるみ、アーモンドなどからは良質な脂肪分も取ることができます。白いご飯や白いパンは血糖値を上げるので、主食は全粒粉パンや玄米、オーツ麦のフレークに変えましょう。

アボガト

photo by http://weheartit.com

アボガドは、食物繊維が豊富であるのに加えて、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB6やオメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸、ミネラルも豊富。妊産婦に必要な葉酸も含まれます。ビタミンの抗酸化作用による美肌効果&アンチエイジング効果、オメガ3によるコレステロール値減少、ビタミンB2による美肌効果&脂肪分解などさまざまな健康効果が期待できます。生のまましょうゆで食べるのもおいしいですし、他の野菜と一緒にサラダにしてもよいでしょう。

朝食は血糖値を上げない食品がおススメ。しっかり食べて日中の活動エネルギーにしましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

エスプレッソさんの書いた美容ニュース

新商品キャラバン

コスメ口コミレポーター一覧コスメ口コミレポーター一覧

コスメニスト一覧を見る

コスメ口コミランキングコスメ口コミランキング

ランキング一覧を見る

コスメニスト募集
編集部ページへ

©2015 cosmenist