• コスメニスト公式youtube
  • コスメニスト公式Instagram
  • コスメニスト公式ブログ
  • コスメニスト公式Facebook
  • コスメニスト公式twitter

夏でも冷え症ってホント?気になる冷え対策のポイントを伝授♪

冷えなんて感じたことない!って人でも、実は知らないうちに冷えは忍び寄っています。 むくみやすさを感じたり肌が荒れやすかったり、夕方になると顔がくすむ。その症状、もしかしたら冷えが原因かも!? キレイを目指すなら、まずその冷えを改善しましょう!今回は冷えのタイプ別に改善方法をご紹介いたします。

タイプ1 筋肉不足による冷え

a190-1

photo by http://weheartit.com/

『腹筋が20回以上できない、むくみやすい、仕事のほとんどがデスクワーク』そんなあなたは筋肉不足による冷えかもしれません。

筋肉不足の対処法

筋肉は使うことによって熱を発し、体を温めます。男性よりも女性の方が冷えを感じやすいのは、女性は男性にくらべ筋肉量が少なく熱を発しにくいからです。 だからと言って、筋肉トレーニングをストイックにするのは難しいですよね。そこで、おススメなのがウォーキング♡ 全身の筋肉の約7割をしめるのは、下半身です。下半身の筋肉を動かすことで体を効率よく温めることが出来ます。また、背筋を伸ばして歩くと体幹が鍛えられるので、脂肪も効率よく燃焼されて代謝もアップするのでダイエットにもすごく効果的なんです。 理想はウォーキング30分ですが、最初は一駅歩いてみることや、駅では階段を使うなど、出来ることから始めましょう。

タイプ2 血行不良による冷え

a190-2

photo by http://weheartit.com/

『肩こりがひどい、肌が荒れやすい、夕方になると肌がくすむ』そんなあなたは血行不良による冷えかもしれません!

血行不良の対処法

血行不良は、ストレスや不規則な生活などによって自律神経が乱されることも原因の一つです。手足が冷えるだけでなく、顔色が悪くなったり、体に疲れが残りやすくなったり老けた印象を持たれてしまうかも…そんな血行不良におススメなのが、お風呂や足湯で体を温めることです。 お風呂は体を芯から温めるだけでなく、自律神経のバランスも整えてくれます。また、体にたまった老廃物も汗とともに流れるのでデトックス効果も抜群!リラックス効果をより高めたいのであれば、アロマを入れてみるのもおススメです。

タイプ3 内臓の冷え

a190-3

photo by http://weheartit.com/

『お腹を触った時にひんやりしている、平熱が36℃以下、冷たいドリンクが好き★』そんなあなたは内臓が冷えてしまっているかもしれません!

内臓冷えの対処法

冷えの中でも、内臓冷えは一番注意が必要。内臓が冷えてしまうと、臓器の働きが弱まり免疫力の低下や消化不良、代謝も悪くなってしまいます。 そんな内臓冷えにオススメなのは白湯を飲むことです。白湯は、内臓を温め、胃腸の動きも良くするので代謝をよくする効果もあります。朝起きてすぐ飲めば便秘も解消してくれる優れもの! 白湯は、朝起きてすぐと、毎食時、就寝前にのむのが理想です。 のみすぎは体に負担がかかってしまうので、一日1リットルまでを目安に無理なく続けてください。

いかがでしたか? 冷えを感じた事のない人でも、いつの間にか忍び寄ってくるかもしれません!対処法はいいと解っていることばかりかもしれませんが、意外とできていないものでもあります。これを機に、この中の一つでも今日から始めて脱冷え!ぽかぽか美人を目指しましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

ひとみさんの書いた美容ニュース

新商品キャラバン

コスメ口コミレポーター一覧コスメ口コミレポーター一覧

コスメニスト一覧を見る

コスメ口コミ記事ランキングコスメ口コミ記事ランキング

コスメ口コミランキングコスメ口コミランキング

ランキング一覧を見る

コスメニスト募集
編集部ページへ

©2015 cosmenist