彼の目に可愛くうつりたい♡浴衣美人になるためのはずせないコツ

お祭・花火と夏に大活躍の浴衣!浴衣を着た女子は3割増しで可愛く見える!という男の子もたくさんいます。浴衣を素敵に着こなしてしっとり上品女子を目指しましょう!

見えないからといって手を抜けない補正

photo by http://weheartit.com

浴衣の着崩れを防止するのに欠かせないのは補正。最近の女性は体格が欧米化しており、ウエストのくびれが浴衣向きではありません。浴衣を着る前はウエストにタオルを巻いて、寸胴体形になるように補正してください。

photo by http://www.yukatamusubi.com

細身で胸元も華奢な人は、両肩から斜めにタオルをかけて胸元にも補正をかけてください。逆にバストが大きい人は、タオルやさらしで少しつぶします。凹凸があると帯の収まりが悪くなるので、基本的には凹凸をなくす方向で補正をしていきます。

photo by http://www.yukatamusubi.com

最近ではウエストの細さを強調するように着ている方も見かけますが、浴衣はもともと寸胴の日本人体形に合わせて作られた衣類ですので、ウエストが細いまま着ているとみるみるうちに崩れてきます。着崩れが一番みっともないので、スタイル自慢は浴衣のときは一旦封印!不本意かもしれませんが、凹凸のない寸胴体形を目指しましょう♪

丈や帯結びにもちょっとしたコツが!

浴衣の丈は、くるぶしがちらっと見えるぐらいがちょうどよいといわれています。短すぎると子供っぽくガサツな印象に、長すぎると暑苦しく野暮ったい印象になります。裾が長すぎると階段の上り下りの際に踏んづけてしまうこともありますので、危険でもあります。

photo by http://blog.araiya.mobi/?eid=106

腰紐は、着付けの段階ではきつすぎるぐらいにしめておくことをオススメします。歩いているうちに腰紐がゆるまってきて、胸元や裾がはだけたりとみっともなくなります。
また、腰紐の結び目が大きすぎて帯と浴衣の間に隙間ができることも着崩れの原因になりますので注意が必要です。胸元のあわせは、浴衣の場合あまりつめすぎると暑苦しくなりますので、のどのくぼみが少し隠れるくらいがよいようです。えりは少し抜いてうなじを見せ、涼感を出すようにしましょう。

ヘアアレンジや小物類

浴衣は日本人らしい風情を楽しむものです。ギラギラアイシャドウに極太ライン、付けまつげばっちりのメイクよりは、肌の艶感を意識したナチュラルメイクのほうが映えます。

photo by http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

ヘアスタイルはもちろんアップが可愛いですが、タイトにすっきりまとめたシンプルなスタイルが合います。必ずしもきっちりする必要はなく襟足などはルーズでも可愛いですが、あまり派手な印象を与えないほうが浴衣には似合いますよ♪

photo by http://matome.naver.jp

アクセサリーも、派手なブレスレットなどをじゃらじゃらつけないほうが品がよく着こなせます。浴衣はオーソドックスが一番!品よく繊細な印象を与えられる着こなしが粋です。

いかがでしたか? どれも簡単に実行できるコツばかり!今年はただ浴衣を着るだけではなく、より素敵に見える着こなしを意識してみてはいかがでしょうか?

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    chimuさんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >