歯ブラシだけじゃダメ!デンタルフロスで虫歯&歯周病撃退♡

食後の歯磨きはしっかりしているのに、歯や歯茎に痛みを感じることはありませんか? 歯垢はブラッシングだけでは6割程度しか落ちません。汚れがたまると虫歯になったり歯茎が炎症を起こして腫れてきたりします。
デンタルフロスを正しく使って、歯間の汚れをしっかり落とし、健やかな歯と歯茎を保ちましょう。

デンタルフロスで虫歯&歯周病チェック!

photo by http://weheartit.com

デンタルフロスを使うと、虫歯や歯周病のチェックができます。デンタルフロスを歯の間でこするように動かしてみてください。虫歯になると、歯間がざらざらして、デンタルフロスが引っかかり、糸がばらつくようになります。
歯周病の場合は、歯茎が腫れて出血があるのがチェックポイント。また、歯に詰め物をしたときやかぶせ物をして正しく装着されていない場合、デンタルフロスが引っかかったり、歯間に入りづらくなったりすることも。歯垢をためてしまうと、歯垢の中の雑菌と酸が歯のエナメル質を溶かし、虫歯が進行。さらに歯髄の神経を刺激すると、痛みが出てきます。症状が進行すると歯をぬかなければならないので、日頃から歯垢を取り除くデンタルフロスのケアが大切なのです。

デンタルフロスの正しい使い方は?

photo by http://www.moriyamadc.com

デンタルフロスは歯垢をしっかり取り、歯を傷つけないようにするために正しい使い方をしましょう。
まず、デンタルフロスを40㎝ぐらいに切って、左手中指に糸を2~3回巻き付けます。両手の間隔が約10cmになるように右手中指に残りの糸を巻き付け、使うときには両手の親指と人差し指でつまみ、必ず糸をぴんと張りましょう。指の間隔は1~2㎝ぐらい。張り方が甘かったり、無理やりに歯の間に押し込んだりすると、汚れが歯茎にたまったり、歯茎が傷ついたりします。
そして、歯の間に軽くはさんで前後にゆっくり動かしながら、下方に沈めるように入れてください。デンタルフロスの端を両手で持って、歯の側面に沿わせてこすりながら上のほうへ抜いていきます。次に同じ箇所で歯の反対側に糸を向けて、同じようにこすって抜きましょう。

デンタルフロスの選びかたは?

photo by http://www.tanomail.com

デンタルフロスにはワックスがついているタイプとついていないタイプがあります。初めて使う人は歯の間に入れやすいワックス付きがおすすめ。使い慣れた人はワックスなしのほうが、歯のざらつきの感触がよくわかります。糸だけのタイプが使いづらい人は持ち手がついているものを選ぶとよいでしょう。ペパーミントなど爽やかな匂いつきのデンタルフロスもありますので、好みで選んでみてください。

毎日の歯磨きにデンタルフロスを使う習慣を加えて、虫歯&歯周病予防し、健康な歯と歯茎を保ちましょう。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミ

    エスプレッソさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >