朝から美人でいたい♡「寝起き」をよくする3つのコツ

6時に起きるはずだったのに、気づいたときには8時。 マンネリな毎日を変えようと思って早起きしようとしても、結局、いつも通り遅刻ギリギリで出勤。急いでデスクに着いた頃には、憧れの先輩はすでに一仕事終えている状態。 前日に「朝早く起きよう」と思っても、実際に当日の朝を迎えると、なぜか憂鬱な気持ちになって、そのまま二度寝してしまいますよね。毎日をもっと充実させるためにも、寝起きを良くしておかないと大変なことに! そこで今回は「寝起き」をよくするコツについてご紹介してまいります。

毎朝、同じ時間に起きる

さわやかな女性

photo by http://weheartit.com

寝起きを良くしたいなら、毎朝起きる時間を決めておきましょう。たとえ休日であっても一度は、平日と同じ時間に起きるのです。毎日清々しく起きられないのは、起床時刻がバラバラだからかもしれませんよ。 毎朝、起床時間を同じにしておけば、脳や体が覚え、アラームがなくても自然とその時間になると目が覚めるようになります。毎日、起床時間がバラバラなうえに、3時間以上の差がひらくとなると、体も追いついていけなくなってしまいます。 一定の時間に起きるためには「楽しみ」をつくっておく必要もありますよね。たとえば、朝起きたら「アロマ」をセットして、好きな香りをかいでみるのもアリ♪グレープフルーツやオレンジなど柑橘系の香りを嗅ぐと、目覚めやすいとか!

「朝の儀式」を習慣づける

朝日を受ける女性

photo by http://weheartit.com

さらに寝起きをよくしていくためには「朝の儀式」を用意しておきましょう。これをすれば、どんなに眠くても活動モードに入れるというものをいくつか用意しておくのです。 たとえば、目覚ましが鳴って起きたら、まず朝シャワーをして頭をスッキリさせる。それからもう一度冷たい水で顔を洗って眠気を覚まして、常温の水を一杯飲む。時間に余裕があるときはウォーキングやランニングに行って、メイクをしていざ出勤! 「朝の儀式」が習慣づけば、予定通りの毎日を過ごせるようになり、心や体の健康も保ちやすくなります。もし、いつもより早めに支度が終わったときはブログやSNSに「おはようございます」と呟くだけでも、日課をクリアした達成感を味わいながら、1日をスタートさせられますよね。

「野菜ジュース」でスイッチオン!

野菜ジュース

photo by http://weheartit.com

布団から何とか起き上がっても、頭が重たいとなかなか活動する気になれません。朝の儀式を一通り終えたら、ご褒美として美味しい野菜ジュースを飲みましょう。早朝の日差しを浴びながら飲む野菜ジュースは格別!出勤や出掛けるまで余裕があるときは、ミキサーなどをつかって手づくりの野菜ジュースやスムージーを作ってみてもいいのかも♪ 朝から野菜ジュースはちょっと…という人は白湯を飲むだけでも、寝ている間に溜まった老廃物を浄化することができ、寝起きには最適。

いかがでしたか?

寝起きをよくするために、わざわざ何かを買い足す必要はなく、普段の過ごし方を変えるだけで改善できます。まずは、起床時間を決めて、毎朝同じ時間に起きることからはじめてみましょう!

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミ

    Ericaさんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >