あなたの魅力を引き立たせる♡パーソナルカラーのポイントをご紹介

白、黒、ピンク、黄色、青…みなさんはどんな色が好きですか?洋服、アイシャドー、ネイル、色々な色を選ぶのはとても楽しいですよね。
実は「色」は肌ツヤがアップしたり、肌トラブルを目立たなくさせたりの効果もあるんです。今回は、みなさんの魅力をアップさせてくれる「色」についてご紹介します(*^^)v

パーソナルカラーって?

a316-1

photo by http://weheartit.com

私たちはそれぞれ肌の色、目の色、髪の色が違います。 生まれつき持っている色、それを「パーソナルカラー」と言い、パーソナルカラーを知ることによって、自分に調和するベストな色選びができるのです。自分に合った色選びができると、肌ツヤがアップしたり、イキイキして見えたり、肌トラブルが目立たなくなるなどの効果が♡
逆に自分に合わない色を身に着けると、肌がくすんで見えたり、センスが悪く見えたり、疲れたように見えたりしてしまいます。
また人の第一印象は衣服、顔、しぐさなどによりわずか6秒で決定し、その印象は約2年間変わらないといわれています。パーソナルカラーを正しく活用して、印象に残るキラキラした女性になっちゃいましょう★

自分のベーストーンって?

肌色は「ブルー系」「イエロー系」をどれだけ含んでいるかによって大きく二つのベーストーン分けることができます。肌の色も青みがかったピンクに見える肌を「ブルーベース」、黄みが強いオークル系の肌を「イエローベース」といいます。

a316-2

photo by http://girlschannel.net

ブルーベース

自然光の下で手首の内側の静脈を見たとき血管の色が青色に見える。アクセサリーはシルバー、プラチナが映える。

イエローベース

静脈を見たとき血管の色が緑色に見える。アクセサリーはゴールドが映える。

そしてベーストーンを色相、明度、彩度に分け4つのグループを四季に当てはめて「4シーズンカラー」とし、パーソナルカラーとして分類しています。

自分のパーソナルカラーを見つけよう☆

「ブルーベース」は夏と冬、「イエローベース」には春と秋になります。 何枚かの色の布を用意し、顔周りに当てていき、肌色が映える色を探していきましょう。
肌色が変に黄みがかかったり、クマが濃く見えたりする時と、肌がパッと明るくなる時の違いを感じてみてください。

a316-3

photo by http://xn--lck9azb0a7jk0jf2452jkiua.com

  • 春→ピンク、黄緑、黄色が映える。
  • 夏→グレーがかった青、落ち着いたピンクが映える。
  • 秋→ベージュ、茶色、深みのあるオレンジが映える。
  • 冬→白、黒、青紫が映える。

今ではプロは診断をしてくれるところもあるので、利用してもいいかと思います。

ベースメイクも色の力でツヤ肌に♡

ご紹介の通り、色の力で自分の印象を変えることができるのですが、それはもちろんメイクにも当てはまります。
例えば黄みの肌のくすみを飛ばすには紫のメイク下地を使ったり、肌の赤味を消すにはグリーンを使うなど、お互いの色で補正しあってくれるのです。自身の持つ色と、補う色の効果を最大限利用することで、自分の個性を魅力的に引き立ててくれるでしょう。

a316-4

photo by http://weheartit.com

いかがでしたか?自分の魅力を引き出してくれる「色」を上手に利用してみてくださいね♪

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    koroさんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >

    新着口コミレポート

    もっと見る