品のある黒肌に♡日焼け肌をたっぷり生かして脱白浮きオバケ!

夏本番前にして、すでに手足がこんがり小麦肌な私。顔はシミやシワが怖いのでしっかりUVケアをして極力焼けないようにしていますが、BODYに関しては「夏はちょっとくらい日焼けしてもいいかな~」と、UVケアはしつつもキレイな日焼け肌を目指しています。 そこで注意したいのが、日焼け後のメイク。日焼け前のままだと、お顔とBODYがアンバランスなこわ~い白浮きオバケになってしまうかも?!

ファンデーションのトーンを落とす勇気

a228-1

photo by http://weheartit.com/

「色の白いは七難隠す」ということわざがあるように、やはり美白というワードは魅力的。私のようにBODYは焼いても顔は美白したいという方もいるのではないでしょうか? 日々のスキンケアの頑張りで、肌がトーンアップしたり、透明感が出てきたりすると、ついついファンデも1トーン上げたくなってしまいますね。 ですが、日焼け肌に白い顔では、全身のバランスを見た際に、顔だけが白浮きして、残念な「白浮きオバケ」状態に!そんな恐ろしい結果を防ぐために必要なこと。それは、BODYの肌色に合わせてファンデーションのカラーを選ぶ、時には1トーン落とす“勇気”が必要なのです!

日焼けナチュラルメイク♪

a228-2 a228-3

photo by cosmenist

意外に思うかもしれませんが、ファンデのトーンを日焼けBODYに合わせて暗くすることで、全体のカラーバランスが整い、ベースメイクにナチュラル感が出てきます。 顔・首・デコルテ・腕とどこか1ヶ所が悪目立ちすることもありません。 そして、さらにナチュラル感を出すにはヌードカラーを使ったメイクがオススメです☆

  1. アイシャドウはベージュやブラウン、ゴールドカラーを使い、とことんカラーレスに。ポイントとしてはアイメイクを盛りすぎないこと。
  2. チークにはベージュやアプリコットカラーを。日焼け肌を引き立ててくれます。
  3. マスカラとアイラインもブラウンを使い、あくまでも控えめに。ボリュームタイプよりロングタイプがオススメです。ブラックの太いアイラインやボリュームマスカラで盛ると、ギャルっぽいメイクになりがちです。

日焼け肌にヌードカラーで盛りすぎないナチュラルメイクは、とてもヘルシーな印象に。素肌がキレイに見える効果もあるのでぜひ一度チャレンジしてみて!

他人の目を気にしてみる

a228-4

photo by http://weheartit.com/

今回の記事を書くキッカケ…。それは主人に言われた「なんか顔だけ白くてオバケみたいだよ?」の一言でした! とてもショックを受けましたが、落ち着いて見てみると、確かに写真に写る私の顔は白浮きしていて違和感を覚えました。 自分では気付けていなかったので、ハッキリ言ってくれた主人には感謝しています(笑) たまに自分が周りからどう見えているのか、知るのは怖いことですが、思い切って聞いてみるのも、自分を知るよいきっかけになるのかも?!

今回は、私自身の経験をふまえ、ついついメイクでおちいりがちな失敗について紹介させて頂きました。 日焼け肌メイク=ギャルメイクとは限りません。ちょっとの勇気をもって、ファンデーションのトーンを落とすことで、今まで見たことのなかった新しい自分を発見してみませんか? BODYに合わせた日焼け肌ナチュラルメイク、この夏ぜひトライしてみて下さいね☆

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    Anyaさんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >

    新着口コミレポート

    もっと見る