美肌の秋を迎えるために♡今しておきたい3ステップ

気を付けていたはずの紫外線対策。レジャーに夢中で気づいたら真っ黒なんてことになっていませんか?諦めるのはまだ早い!!放っておくと大変なことになってしまいます。 しっかり日焼け後のアフターケアをしておきましょう♪

日焼けって・・・?

女性

photo by http://weheartit.com

どんなに日焼け止めを塗っていても、直接日に当たれば日焼けはしてしまうもの。また、室内でも実は日焼けをしています。
日焼けとは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症してしまう軽いやけど状態のこと。過剰に紫外線に当たってしまえばやけど状態に。赤く炎症しなくてもメラニンの生成が過剰になり、黒くなりシミの原因になります。また、肌が乾燥することでシワの原因に。 放っておくと一気に肌が老化し見た目も老けてしまいます。

アフターケアは何から始めるべき?

まずは、炎症を抑えるために冷やすこと。
真っ赤になってしまったらできるだけ早くクールダウンしましょう。また、乾燥が進むため、しっかり保湿を!クール系・引き締め系のローションを使って十分に保湿しましょう。アロエ入りの保湿クリームもおすすめ。ローションを冷蔵庫に冷やしておくのも効果的です。普段よりも水分補給を心掛けてください。

イルカと女性

photo by http://weheartit.com

美白効果の高いものを使いたいところですが、日焼け後は肌が弱く敏感になっています。美白効果の高いものは意外と刺激が強いので、やけど状態が沈静化するまでは少しの間お休みしましょう。しっかり落ち着いてから美白効果の高いものを使ってください。
ただ、ひどい日焼けの時は皮膚科へ行ってくださいね(^^

必要なのはビタミン♡

フルーツ

photo by http://weheartit.com

  • メラニン色素の過剰生成を抑制するビタミンC
  • グレープフルーツ・オレンジなどの柑橘系、キウイフルーツ、いちご、ピーマン、ブロッコリーなど
  • ビタミンCと一緒にとりいれると効果的なビタミンE
  • アボカド、大豆、ゴマ、ナッツなど
  •     
  • 抗酸化作用で活性酸素を抑えるビタミンA
  •  
  • 抗かぼちゃ、ニンジン、トマトなどの緑黄色野菜

いかがでしたか?
体の内側、外側の両方からケアしてしっかりシミ、シワ予防をしましょう。これからの秋冬の乾燥も今のケアにかかっています。しっかりアフターケアをして素敵な秋冬を迎えたいですね♡

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    飯岡円香さんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >