夏から秋のゆらぎ肌に。スキンケアを一斉に衣替えしよう♡

みなさん残暑時期のお疲れ肌対策はしっかりできていますか? 季節の変わり目は気温、湿度の変化が激しく体調をくずしたり、肌も敏感にかたむいて荒れてしまいがちに…。
しっかりケアするのは肌が荒れている時だけ、疲れが出た時だけ、乾燥した時だけ、という方も多いのではないでしょうか?梅雨時期と同じくらい敏感になりやすい秋。今回はゆらぎ肌についてのケアをご紹介します。

季節の変わり目ってなんでお肌に悪いの?

photo by http://weheartit.com/

季節の変わり目が及ぼす最大の影響は“ゆらぎ肌”です。残暑時期には、朝晩や日中の急激な温度変化に肌や体の対応が遅れやすくなります。また夏に受けた紫外線ダメージの影響を受けて、抵抗力やバリア機能の弱い細胞が角層に出てくるため敏感にかたむきがちになります。

気温・湿度の生活環境の変化によるストレスや紫外線、寒暖差などの刺激により急なニキビの発生、肌のべたつきやごわつき、乾燥などの肌トラブルが起きやすくなります。

いつもよりていねいに洗顔する

photo by http://weheartit.com/

肌が荒れている時はダブル洗顔をていねいに行うことが必要です。ごしごしと顔を洗ってしまうと、刺激になってさらに肌荒れをしてしまう事も…。クレンジングは指の重さだけでソフトに優しくなじませてメイクを落とします。メイクをしていない時でも肌が油っぽい時はクレンジングをすると効果的にケアできます。洗顔料はしっかり泡立てし、泡を転がすように優しく洗います。肌が硬くなっていると感じたら肌をほぐして保湿する効果の高めなクリームタイプのクレンジングがオススメです。

肌をうるおいで満たし整える2つのケア

体調を整える

疲れを感じたらすぐに寝るようにしましょう。適度なストレッチもオススメです。ヨーグルトや発酵食品を食事に取り入れて、腸内環境を整えるとニキビや肌荒れケアにもつながります。

肌状態にあわせて保湿ケアをしっかりする

夏のダメージが残りやすい初秋の肌は、インナードライにおちいっている事が…。夏の暑さで汗とともに肌の水分も栄養も流れ出て肌が疲れぎみになっているかも!保湿力を高めるためにローションマスクをしたり、肌を元気にする効果のある美容液を取り入れてみてはいかがでしょうか?乳液もしっかり使用する事で肌の細胞の結びつきも強くなりバリア機能も高まるので肌の抵抗力も強くなります。

また肌が乾燥して硬くなりがちな状態の方は、美容液よりも油分が多く密着性と保湿力の高いクリームの使用をオススメます。

photo by http://weheartit.com/

過剰なスキンケアはやめましょう

初秋の肌は梅雨時期と同じように、肌のバリア機能が弱って敏感にかたむきがちです。いつものスキンケアに刺激を感じたら、敏感肌用のスキンケアに切り替えて肌を落ち着かせる事をオススメします。

いかがでしたか?季節の変わり目は体をゆっくり休ませてあげるのはもちろん、肌の疲れが残らないようにしっかりケアをしていつまでも美肌を保てるように心がけましょう。

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    浩子さんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >