お金をかけずに美肌をつくる♡正しいパッティングの方法

みなさん、この夏に紫外線を浴びたお肌や、クーラーで乾燥したお疲れ肌のお手入れ、どうされていますか? お化粧水のパッティングをされている方も多いのではないでしょうか?でもそのパッティング、正しい方法で行わないと全然意味がないと知っていましたか?正しいパッティングで美肌を目指しましょう♪

そもそもパッティングは何のために行うの?

photo by http://www.ywanxin.com/

お化粧水をお肌につける際に、手でパシャパシャつけるだけでは、なかなかお肌の中まで浸透されません。そこで効果的なのがパッティングです。 効率よくお肌の表皮と真皮にお化粧水を浸透させてくれます。 手で行っている方もいらっしゃるかもしれませんが、手で行うと手にもお化粧水が浸透し、結果少量のお化粧水しかお肌に入っていかないのです。 毎日正しいパッティングを行うことが、美肌への最短方法です。

こんなパッティングはNG!

photo by http://weheartit.com/

こんなパッティングをされている方は、今すぐパッティングを中止して下さい!

  • 音を立ててパッティングを行っている
  • パッティングの後に、お肌が赤くなっている
  • パッティングした後のコットンが、毛羽立っている

このようなパッティングは、お肌を傷つけて、表面に傷をつくり、乾燥しやすいお肌になったり、摩擦による刺激でシミが出来たり…と、行えば行う程お肌が老化してしまいます!

正しいパッティングをご紹介♪

photo by http://mery.jp/

コットンをご用意ください。大きめのタイプがおすすめです。

  1. まず、中指の上にコットンをのせて、人差し指と薬指ではさみます。この時に中指と一本にするのがポイントです。指の本数を増やすとお肌に対する力も強くなってしまうので、オススメできません。
  2. お化粧水をつけるのは、中指のコットンをはさんでいる部分のみ。コットン全体にたっぷり含ませても、結果お肌に触れるのは中指だけなので、お化粧水が無駄になってしまいます。
  3. 耳の下のリンパが流れているところから、コットンがお肌に触れるくらいの優しい力で丸〜く、お肌を風であおぐ様に上にむかってコットンを回してください。耳の下から、額にうつり、額からこめかみへ。こめかみにはツボがあるので、少し長めにパッティングしましょう。
  4. 次に頬を外側へむかってパッティングして、最後に首を上から下へ。

老廃物も流れるので、小顔効果もありますよ。風でお肌を冷やすように優しくパッティングをした後に、目の周りと口周りは乾燥しやすい部分なので、たっぷりお化粧水を含ませたコットンで、叩かずプレスするだけ。乾燥しているので、それだけで沢山浸透します。 パッティングは1分くらいで大丈夫です。あまり長い時間行うと、コットンに水分が戻ってしまい、お肌が乾燥してしまうので要注意です。

photo by http://weheartit.com/

いかがでしたか? 少し方法を変えるだけで、とってもお肌に優しいパッティングになります。ぜひ、皆さんもお試しください。 次回は、このパッティングの後に行うローションパックのご紹介です。 /p>

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    マリカさんが書いた化粧品の口コミ

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >