化粧ノリアップ♡今すぐ始めたい顔そりケアとは?

顔のうぶ毛の処理はしていますか?女性にとって気になるムダ毛。顔のうぶ毛もそのひとつではないでしょうか。顔のうぶ毛は見た目の印象も左右してしまうので、きちんとケアをしたいですね。やり方によっては肌トラブルの原因になってしまう可能性もあるので、正しいケア方法を知り、美肌に効果的な顔剃りテクを身につけましょう。

顔そりの効果って?

photo by http://www.beauty-face.jp

顔のうぶ毛は肌のトーンを暗く見せてしまいますが、顔剃りをするとうぶ毛がなくなり、肌のトーンが明るくなります。また顔剃りをすると肌表面の凹凸がなくなり、つるつるすべすべの肌になります。凹凸がなくなった肌は化粧水や美容液も浸透しやすくなります。そのためスキンケアの効果がアップし、化粧のりもアップ!
カミ剃りで顔そりすると、古い角質を除去して肌のターンオーバーを助けてくれる効果もあるので、ぜひ定期的にしたいお手入れですね。

顔そりに使用するもの

photo by http://women.kamisori.jp

ぶ毛専用のカミ剃りやL(I)字型のカミ剃り、電動シェーバーがおすすめです。カミ剃りは安全ガードのついたものにしましょうね。毛抜きは肌に大きなダメージをあたえてしまうので、絶対に使わないでくださいね。毛穴を開かせてしまい、毛穴の黒ずみやたるみの原因になりますし、炎症をおこしやすくなってしまうので要注意ですよ。生理中も肌が敏感になっているのでやめたほうがいいですね。

顔そりをやってみよう

1) 注意点

顔剃りは夜にしましょう。夜に顔剃りをして、寝ている間にしっかりと肌を休ませてあげることで、ダメージを軽減することができます。お風呂場や洗顔料を使用して顔剃りをすることもやめてくださいね。お風呂場は湿気が多いので、細菌が入りやすくなり炎症がおきやすいのです。洗顔料を使用しての処理も、肌に必要な皮脂も落としてしまうので気を付けてくださいね。

2) 前処理

皮膚が汚れていると、そったときに汚れが毛穴の中に入ってしまうので、洗顔をしっかりしましょう。そして顔剃り用のシェービングクリームを顔全体にぬります。

3) 顔そり

カミ剃りを毛の流れにそって、上から下へ滑らせましょう。毛の流れと逆にそってしまうと、必要な角質まで奪ってしまい、肌が傷ついてしまうので気を付けてくださいね。
そるときは、眉→おでこ→眉間→もみあげ→頬→フェイスライン→あご→鼻の下→鼻の順番で剃りましょう。同じところを何度もそってしまうと、角質層が薄くなってしまうので、肌の上を1回ずつカミ剃りを滑らすようにそってくださいね。カミ剃りの刃に産毛がつまったら、その都度水ですすぎましょう。カミ剃りは切れ味が大事なので、使い捨てのものか、2・3回で新しいものにしてください。切れ味が悪いもので顔剃りをすると、肌にひっかかりやすくなり肌を傷つけてしまいますよ。

4) 後処理

ぬるま湯でシェービングクリームを洗い流しましょう。顔剃りあとの肌はデリケートになっているので、洗顔後はタオルで押さえるように水分をふきとってくださいね。その後、使い慣れている基礎化粧品を使ってしっかりと保湿をしましょう。

photo by http://weheartit.com

いかがでしたか? 顔そりをやるときは、注意点に気を付けてやってくださいね。見た目も化粧のりもよくなる顔そりで至近距離も怖くない肌になれますよー♪

よく一緒に読まれている美容ニュース

  • 関連記事がありません。
  • この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミ

    コスメニスト編集部さんが書いた化粧品の口コミがありません。

    紫外線に負けない徹底美白コスメ♪

    注目のコスメレポーター

    注目の口コミ Pick Up!

    ピンクゴールドに近いデザインで、とても上品に見えます。 一見、リップにしては大きいと感じるかもしれませんが、実はこれリップとグロスが 一体化しており、2色持っていれば好きな組み合わせに変えて持ち歩くことも! リップ・グロスどちらもほんのりバニラの様な甘い香りがします.......

    続きを読む >

    新着口コミレポート

    もっと見る