• コスメニスト公式youtube
  • コスメニスト公式Instagram
  • コスメニスト公式ブログ
  • コスメニスト公式Facebook
  • コスメニスト公式twitter

結局どんな成分が効果的なの?美肌ケア・シミに効く化粧品の選び方♡

「今年こそ美白がしたい!」「今あるシミを消して美肌になりたい!」と思うけれど、実際にはどんな化粧品を選ぶと良いのか悩んでいる方も案外多いのではないでしょうか? 今回はそんな方に向けて、シミに効く化粧品についてご紹介します。

女性の顔

photo by http://tokyo-seikei.com/

まずはシミに有効な成分を知っておこう

「シミに効果がある」と謳われる化粧品は多くありますが、それぞれ配合されている成分が異なります。

できてしまったシミを薄くする:
ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど

レモン

photo by http://antiaging.akicomp.com/

シミの素をブロックする:
トラネキサム酸、カモミラETなど

トラネキサム酸 化粧品

photo by http://www.kosecosmeport.co.jp/

メラニンの生成をストップする:
アルブチン、エラグ酸、コウジ酸、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど

アルブチン

photo by http://www.rakuten.co.jp/

気になる症状や現在の肌の状態によって、どの成分が良いのか、選ぶ目安にしましょう。

シミは薄くする、出来にくくするという意識で

出来てしまったシミを完全に消すことができるのは、美容皮膚科でのレーザー治療くらいのようです。

レーザー治療

photo by https://nicoly.jp/

そのため、もう少し気軽に美白をしたい、シミを消したいと思っている方は、“薄くする”“出来にくくする”といったニュアンスで捉えておくほうがよいでしょう。 化粧品を選ぶ際も、成分のほか、金額についても継続できる価格帯を選ぶほうが、結果的に美白肌に繋がりますよ。

美白を目指すならビタミンC誘導体入りの化粧品に注目!

ビタミンCは食品でも美白や美肌に必要な栄養とされていますが、美白成分として、“ビタミンC誘導体”がもっとも身近で効果的と注目されています。

ビタミンCは食品でも美白や美肌に必要な栄養とされていますが、美白成分として、“ビタミンC誘導体”がもっとも身近で効果的と注目されています。 ビタミンCを肌へ浸透しやすく改良したビタミンC誘導体は、水溶性・油溶性のものがあり、配合されている化粧品によってもその種類や浸透率が異なります。浸透率が異なるということは、効果を実感する早さも異なるということ。

ピュアビタミンC 化粧品

photo by http://rebihada.jp/

浸透率が高い順に並べると、 ピュアビタミンC→APPS→リン酸アスコルビル→アスコルビン酸グルコシドとなります。

悩みや肌質に応じてシミに効く化粧品選ぼう

ビタミンC誘導体の浸透率について述べましたが、浸透率が高いほど、シミへの効果も高いですが、高濃度だと肌に刺激を与えることもあります。

自分の肌質とシミの悩みに合わせて、負担をかけない程度の化粧品を選びましょう。 例えば、ビタミンC誘導体には肌の皮脂を抑える作用もあります。そのため、乾燥肌の方は低濃度を、脂性肌の方は高濃度を選ぶことで肌の状態を整えながら、シミのケアをすることができます。

肌質チェック

photo by http://otonanikibi-sayonara.com/

今までなんとなくで選んでいたシミケアのための化粧品。 なかなか効果が見えないなと思っていたのは、選び方に問題があったのかもしれません。 これからは自身の肌質や肌悩みと合わせて、化粧品メーカーごとの成分や配合率などを確認し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

女性のドレス姿

photo by http://weheartit.com/

よく一緒に読まれている美容ニュース

この美容ニュースを書いたコスメ口コミレポーター

れいさんの書いた美容ニュース

新商品キャラバン

コスメ口コミレポーター一覧コスメ口コミレポーター一覧

コスメニスト一覧を見る

コスメ口コミランキングコスメ口コミランキング

ランキング一覧を見る

コスメニスト募集
編集部ページへ

©2015 cosmenist